その他
【ジャニーズ研究会レポート】

打算でTOKIOに近づいた関ジャニ∞村上に、マツコ「イヤな感じ」

jmurakami05.jpg
村上のいじられ芸と、MABOの男気芸が噛み合った神回でした!

【ジャニーズ研究会より】

 関ジャニ∞村上信五とマツコ・デラックスがMCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)。9月22日放送回にTOKIO松岡昌宏が出演し、関ジャニ∞について熱く語りました。

 関ジャニ∞の中でも、特に村上と横山裕とは古い付き合いだと話す松岡。2人はTOKIOの大阪城ホールでのコンサートには必ず来ていたそうで、そのため「関ジャニ∞でデビューするって言った時はすげーうれしかったですよ。『やっとこいつら日の目見るんだ』って」と我がことのように喜んだそう。村上によると、デビューした年に初めてジャニーズカウントダウンコンサートに出た際、「松兄がポーンって後ろ(尻)蹴ったんですよ。『なんやねん!』って言ったら松兄がおって、『すいません』って言ったら、いつもの感じで『良かったなデビューできて!』って言って、スタンバイ行きはった」とか。そのさりげなさは、さすが男前と呼ばれる松岡ならではです。

 しかし松岡をはじめ、ジャニーズタレントにとって関ジャニ∞の登場は脅威でもあったよう。松岡によれば「すっごい縦社会だったんですよジャニーズ事務所って。ガッチガチの。(でも)こいつらが来だしてから……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク