[ジャニーズ・メディアの裏側]

関ジャニ∞・大倉忠義、芹那と真剣交際! 周囲の反対も「逆風にも負けじと1年半が経過」

tattyonn.jpg
一貫した女の趣味には称賛の声も

 関ジャニ∞・大倉忠義が、“芸能界一のモテ女”ともてはやされた芹那と交際していると、9月26日発売の「フライデー」(講談社)が報じている。デコルテ部分が露わになった露出度の高い私服で大倉の自宅マンションに通う芹那の姿が掲載されており、同誌によると2人の交際は1年半にも及ぶという。

 かつて、はんにゃ・川島章良やサッカー選手の長友佑都など、多くの熱愛のウワサが飛び交った芹那。昨年6月には、所属事務所の車を使って小池徹平の自宅マンションを訪れ、2012年11月頃から深い仲になっていたと、「フライデー」が伝えていた。

「当時から大倉と芹那の親密関係がウワサされていたものの、大倉の本命はアイドリング!!!の菊地亜美だと言われていました。しかし、今回の『フライデー』によると、小池の部屋に芹那を連れて行ったのは大倉で、芹那はその頃から小池ではなく大倉と交際していたそうです」(芸能ライター)

 一時は、その天然キャラがウケてバラエティーで大活躍だったものの、テレビ番組などで「芸人に口説かれた」と吹聴し、多くの芸能人や視聴者からひんしゅくを買ってしまった芹那。同誌によれば、そんな芹那だけに周囲は交際に反対していたが、当の大倉は「バッシングされている彼女を守ってあげなきゃ!」と、彼女への愛が強まっているという。

「大倉と芹那は、出会い目的の合コンではなく、単純に知り合いの紹介で親しくなり、交際に発展しました。以後は周囲の逆風にも負けじと1年半にわたって真剣交際しているようですが、関ジャニ∞は10周年を迎えた大事な時期。今回の報道を機に、事務所が2人を引き離すでしょうね」(芸能プロ関係者)

 11月には主演映画『クローバー』の公開と、アルバム『関ジャニズム』のリリースを控えている大倉。ファンからは「せっかく増えた新規ファンが離れてしまう」「熱愛はいいけど芹那だけはやだ」と祝福の声は少ないようだ。

 先日は、メンバーの渋谷すばるが女性アイドルグループ・prediaの青山玲子と“合鍵同棲”していることが同誌に報じられただけでなく、村上信五の実母が起こした「不動産トラブル」発覚、錦戸亮の「スマホ窃盗騒動」と、ゴタゴタ続きの関ジャニ∞。ここ数カ月のスキャンダル続きにファンも疲弊しているようだが、ファン離れが加速しないためにも、今一度、それぞれに気を引き締めてほしいものだ。

なお、鳥貴族の株価に変動はない模様

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!