月刊「加藤家の食卓」

「騙される仕組み」を学ぶ加藤茶、楽しんごと花火鑑賞の綾菜! うわさの夫妻の1カ月

ayanafashion.jpg
加藤綾菜ブログより

 今、ネットユーザーから最もウォッチされている夫婦・加藤茶と綾菜。2011年6月、茶が当時23歳の綾菜と“45歳差婚”を果たして以来、その親子以上に離れた歳の差に「遺産狙い説」が噴出し、結婚から丸3年たった今もその説には拍車がかかるばかりだ。ザ・ドリフターズの一員として、「カトちゃんぺ」のギャグで一斉を風靡した茶が、再び“嫁ネタ”で世間を騒がせている今、毎日のように浮上する“疑惑”エピソードの数々を月刊でお届けする。

■綾菜とうわさの20代セレブ社長が「胡散臭い」と話題に

 綾菜が“ポスト茶”として狙っているのではないかといわれている、年商80億円の20代セレブ社長K氏。K氏のFacebookに、綾菜が「(オフィスに)たまりにいきます」「遊びに行こっと!」などと書き込んだことから、熱心な綾菜ウォッチャーの間でこの疑惑が噴出することになったが、K氏も「かなり胡散臭い」人物であると話題になった。

 K氏のブログ掲載のプロフィールによると、代々続く彫刻家の家庭で育ち、高校卒業後に商建築デザイナーになるために上京したが、新聞奨学生になったため、その夢を「過酷な“カイジ生活”により挫折」したという。その後、アパレル会社でカリスマ販売員になり、21歳でインターネット広告代理事業を起業し、現在は広告代理事業、通販事業、コンサルティング事業など幅広い事業展開を行っているようだ。しかし、K氏のブログを見てみると、有名社長の講演会やセミナーに頻繁に顔を出している様子ばかりが紹介され、経営の実態があまりよくわからない。また「一流の成功者とは」「絆プロジェクト」「未来の自分からパワーをもらう」など、自己啓発じみたワードも散見され、ネット上では「キナ臭すぎる」と失笑の嵐に。綾菜と茶の間柄を、「カマキリのメスがオスを食らうようなイメージ」といったコメントまで飛び出した。

■綾菜、エクステを「つけてすぐカット」の奇行

 6月24日、自身のブログで「旦那さんに飽きられないように。。。」と、今までショート派だったが、シールエクステでロングヘアにしたことを報告した綾菜。その1か月後の7月25日、エクステを取ったもののまだ髪が伸びていなかったことから、再び新しいエクステを110本つけたそうだが、なぜかそのわずか3日後の28日に、「バッサリ15センチ切ったよ♪」と、ブログに写真をアップした。このエクステを「つけてすぐカット」という奇行に、ネット上では「無駄遣い女」「狂ってる」といった声が噴出。綾菜がブログで紹介しているサロンのシールエクステの値段は、リョート(45cm)1本390円、ロング(60cm)1本580円であることから、単純計算で、安くても4万2,900円、高いと6万3,800円なる。昭和の大スター・加藤茶の妻に見合う散財ぶりではあるが……。

松本清張先生に執筆してほしいほどの点と線ぶり

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク