さんまちゃん大変だー!

『からくりTV』、視聴率27%→6.1%に没落! 『鉄腕DASH』『モヤさま』人気の明暗

karakuri1.jpg
『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)公式サイトより

 明石家さんまが司会を務めるご長寿番組『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)が、9月いっぱいで打ち切りになると一部の夕刊紙が報じ、話題になっている。1996年にスタートした同番組は、「からくりビデオレター」「ご長寿早押しクイズ」といったコーナーが人気を博し、98年2月には27.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の番組最高視聴率を記録。しかし近年は低視聴率にあえぎ、1ケタ台後半を推移していた。

 日曜日の夜に家族そろって見られる番組として、お茶の間に愛された『からくり』。中村玉緒や浅田美代子といった天然キャラが番組を盛り上げ、セイン・カミュ、ボビー・オロゴンも同番組がきっかけでブレークするなど、一時代を築いた。

「ところが他局の番組の台頭により、2011年頃から『からくり』の視聴率が低迷し始めました。同時間帯では11年にスタートし、昨年秋にヤラセで打ち切りとなった『ほこ×たて』(フジテレビ系)が勢いづいたことや、『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)のブームが到来。そして、TOKIOのレギュラー番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)が高視聴率番組に成長したことが大きな原因でしょう。TOKIOは一時期『からくり』のレギュラーでしたが、『DASH』が日曜午後7時台に移ることになって降板しました。元レギュラーのTOKIOの番組によって終了に追い込まれたともいえるため、ネット上でも驚きの声が漏れています」(芸能ライター)

 このように、裏番組の影響で数字に変化が訪れていた『からくり』。12年秋や~13年2月頃までは通常放送でも10~11%台はあったが、最近ではすっかり同時間帯最下位の常連に。直近の数字を見ると、6月8日に6.7%を記録したほか、6月22日は裏番組の『DASH』が16.9%と断トツの1位で、『からくり』は『大改造!!劇的ビフォーアフター2時間SP』(テレビ朝日系、9.8%)にも負け、6.1%の大惨敗だった。

「『DASH』は今年1~6月まで16~20%をキープしている一方で、『からくり』の通常放送の最高視聴率は2月2日の9.3%。SPでは二桁超えもありましたが、通常では一桁後半にとどまっている状況です」(同)

 TBSからの正式発表はまだ行われていないが、数字を見る限り、残念ながら打ち切りは妥当といえるだろう。さんまの関西ローカル以外での主なレギュラー番組は、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)『ホンマでっか!?TV』『さんまのまんま』(ともにフジテレビ系)で、この3番組はいずれも視聴率に問題はないが、94年にスタートした『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)は、11年3月に終了を迎えている。今回の『からくり』が本当に終了するとなれば、果たして次はどんな番組になるのだろうか? 続報を待ちたい。

ケロンパがいなくなったのも大損失!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー