その他
【ジャニーズ研究会レポート】

KinKi Kids堂本剛、ドラマ『人間・失格』は「毎日がハテナだらけ」

jdotsuyo02.JPG
あのころは「シャーマニッポン」なんて単語も思いつかなかったよね……

【ジャニーズ研究会より】

 5月23日放送の『スタジオパークからこんにちは』(NHK)にKinKi Kids堂本剛が出演しました。冒頭、観覧に来たファンに手すら振らない剛に、MCの清水ミチコは思わず「あなたもう少しテンション上がらないんですか!?」とツッコみます。しかし「大体僕は24時間これぐらいで……蓄えながらやってるんですけど」と剛にとってはこれが平常運転。

 清水は20年ほど前に新幹線でキャーキャー言われているKinKi Kids2人を目撃したそうですが、その時も2人は周囲を気にすることなく静かに歩いていたとか。この話に剛は「いやもうほんとにデビュー当時からこんなんなんですね。で、ステージ出てもこうですし、テレビに出させてもらってもこうなんで、最初はほんとに(ジャニー喜多川)社長に『もうちょっと元気出せ』と怒られてたんですよ」と明かします。しかし「やっぱり社長が求める元気と僕らが出そうとしてる元気がうまく合わなかったみたいで、『もう諦めた』って言われたんで」。今ではその飾り気のなさがKinKi Kidsの魅力のひとつですよね。

 ところで剛が愛してやまない場所といえば、出身地の奈良県。2009年には世界遺産の薬師寺でライブを実現、昨年は奈良市の母子手帳をデザインするなど積極的に関わりを持っています。最近ハマっているのは……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク