[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐ウラ事件簿! 松本潤「失言でアンチ増殖」大野智「偽アカウント騒動」ももクロ接近!

arashi-all2.jpg
当人たち不在でオタが大騒ぎでした

 相変わらずの大活躍を続けている嵐だが、2014年になってから早くもマスコミで取り上げられないネガティブな話題がファンの間でいくつか話題になっている。今回は、14年4月までにファンを中心に物議を醸した嵐事件をさらってみよう。

★大野主演『死神くん』の偽Twitterに踊らされるファン続出

 現在放送されている、大野智主演の連続ドラマ『死神くん』(テレビ朝日系)をめぐって、ネット上では放送前にちょっとした騒動が起こっていた。なんと4月7日、第1話の放送前にTwitter上に「公式アカウント」を騙った“偽アカウント”が出現したのだ。同アカウントは開設直後に「こんにちは死神くん公式アカウントです!これからキャストとの秘話などつぶやこうと思います」とツイートを投稿。嵐ファンとみられるユーザーが多数RTを行い、フォロワーは開設後、わずか1時間で1,000人超えを達成。

 しかし、『死神くん』公式サイトは「番組公式を名乗る、『なりすまし』のSNSアカウントが確認されました。番組の情報は、本番組公式ホームページにてお知らせします」と注意を呼びかけ、問題のアカウントが偽物だということが明らかに。その後すぐにアカウントは削除されたものの、ファンからは「騙された……」「フォロー解除しました」と、落胆の声が上がった。また、サイトによると同作については偽Twitterが登場しただけでなく、ネットオークションなどで非公式グッズが販売されていたという。人気の嵐だけに、ファンの心を弄ぶ悪質なイタズラは、まだまだ止みそうにない。

★嵐とももいろクローバーZの“お近づき度”が増す

 ネット上で「AKBとももクロへの態度が露骨すぎる」と検証されている嵐メンバーたち。ももいろクローバーZは「嵐さんみたいな存在になりたい」と目標を掲げており、昨年8月発売の「クイック・ジャパン」(太田出版)Vol.109では、大野と百田夏菜子の「リーダー対談」が実現。そして、今年3月14~15日にはももクロが国立競技場でコンサートを開催したが、その公演の演出を松本が「担当した」という説が、一部ももクロファンのブログを機に広まった。

 このウワサは3月25日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)で報道されたが、同誌では事務所関係者が「そんなことはいっさいありえませんよ」と否定。ももクロは嵐のライブDVDを見て研究していたそうで、国立公演では百田がコンサートでの松本の決め台詞「お前ら全員幸せにしてやるよ!」を丸パクリ。この発言もあって、どうやら松本がももクロのコンサートに関わっているという話が浮上したようだ。

 ところが今度は櫻井翔が、4月17日発売の「ザテレビジョンCOLORS vol.7 BLACK」(KADOKAWA)で、ももクロの国立公演を鑑賞したことを明かし、「いや~、よかったね~!」「俺、感動しちゃった(笑)」などと語り、反響を呼んだ。嵐とももクロでは10歳以上離れているメンバーもいるとはいえ、女性アイドルとの接触は、心中穏やかではないファンも存在するだろう。今は嵐ファンからの非難の声が少ないが、アンチ・ももクロが増えないようよう、距離を保った方がいいのかもしれない。

★「嵐の聖地」だったはずが……国立最後の公演ならず!!

 2005年に単独のアーティストとして初めて東京・国立競技場でコンサートを行ったSMAPに続き、08年に同地でコンサートを開催した嵐。その後、嵐の公演は6年連続で行われ、先輩のSMAPから“聖地”の座を奪う形となった。会場は14年から改修工事に入ることが発表されていたため、昨年9月の『アラフェス2013』開催時から、同地でコンサートを行うアーティストは「嵐が最後」だと見られていたが、同12月、ももいろクローバーZやAKB48の公演が続々と明らかに。

今年の3月には、この2組に加えてL‘Arc~en~Cielも国立のステージに立ち、5月17~18日にはポール・マッカートニーの再来日公演も決定。最終的には同28日と29日の『SAYONARA 国立競技場FINAL WEEK JAPAN NIGHT』をもって56年の歴史に幕を下ろすこととなり、「国立=嵐の聖地」と主張してきたファンにとっては、残念な最後となってしまった。新国立競技場は19年に完成予定だが、ファンの関心は早くも「新競技場でコンサートを行う最初のアーティスト」に向いているようだ。

★松本が相葉の初主演映画を「遺作」扱いで非難轟々

 今年11月公開予定の映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』で、単独では映画初主演を果たす相葉雅紀。その告知に際し、なんと松本潤が信じられない失言をしてしまったそうだ。ファンクラブ会員のみが閲覧できる限定動画で、二宮和也が「相葉さんの最初で最後の映画作品なのでぜひ……」と皮肉めいたコメントを述べると、松本が「遺作ですか? いや、遺作は違うか」と、ブラックジョーク。これに一部のファンが「ひどすぎる」などと噛み付き、松本のアンチがネット上で増殖。言葉の言い間違いにすぎないが、何がきっかけで反感を買うかわからない。「仲良しグループ」がウリの嵐だけに、メンバー間での失言には気を付けてほしいものだ。

 CD売り上げは変わらず順調な一方、なぜかドラマやバラエティの視聴率は芳しくない嵐。女性関係で悪い話は少ないが、松本は、かねてよりウワサされていた井上真央との交際に関して、今年1月の「週刊文春」(文藝春秋)が報じただけでなく、4月25日発売の「フライデー」(講談社)に「深夜の焼き肉店個室デート」も伝えられており、ファン離れが深刻化しそうな気配も。グループとしても、果たして今年の『NHK紅白歌合戦』司会の座を守れるのか、残り7カ月の嵐の動きに注目していきたい。

道明寺に言い間違いはつきものじゃん?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!