[ジャニーズ・メディアの裏側]

「アニメキャラの口調で言葉攻め」田中聖、衝撃の性癖発覚!! Twitterナンパの代償か

tanakakouki04.jpg
ヤンチャとオタクのハイブリッド

 元KAT‐TUN・田中聖のベッド写真が、28日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)に掲載された。田中は今年2月にTwitter上で一般人女性をナンパし、すぐに関係を持ったという。

 田中はジャニーズ事務所退所後にTwitterを開始。アイドル時代からは考えられない自由奔放さで、自画撮り写真やどこにいるかがわかるようなツイートを連発。さらにネット上で話題になっていたのが、「実はオタク」という一面だった。

「一部ファンの間では有名な話ですが、田中はTwitterで、『最近はブトゥーム、ダンガンロンパ、進撃の巨人などアニメ、漫画が豊作ですな。西尾維新先生の物語シリーズもやっぱり外せないし、、』などと作品名を多数挙げて、アニメ・漫画好きをアピール。さらに『ワンピース』(集英社)のコスプレ写真をアップして、オタクのネットユーザーからは『田中は俺たちの仲間だったのか(笑)』と好評を得ていました」(芸能ライター)

 しかしその一方で、ヤンチャぶりも健在だったようだ。「週刊女性」では、20代女性が田中にTwitter上でナンパされたことを暴露。自宅ベッドで寝そべる田中の写真も掲載されている。田中は、女性がTwitterにアップしたコスプレ写真を、「かわいいね」とリツイートし、ダイレクトメッセージでアニメに関するやり取りをへて、翌朝には「ここに来て」と、なんと自宅の住所を伝えたという。

 ほどなくして田中の部屋を訪れたという女性は、田中との行為を「私が好きなアニメキャラの口調で言葉攻めをされて、気持ち悪かったです(苦笑)」と振り返る。さらには今月、下半身の写真まで送りつけてきたことまで暴露している。

「田中がジャニーズを解雇された理由は、無断で飲食店経営やライブなどの副業を行っていたからとされていますが、やはり一部月刊誌に掲載された『全身タトゥー』と『男性器写真』が決定打になったことは明らか。今回の記事を見ると、まるで反省していないどころか、ますます過激なことをやらかしているようですね」(同)

 ジャニーズ、KAT‐TUNといった足枷が外れた田中だが、いくらアイドルの肩書が消えたとはいえ、Twitterナンパとは、少々度が過ぎてしまったようだ。

どうせ「この豚野郎」とか言ったんでしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー