だってリアルおばはんじゃん!

「海原やすよ・ともこみたい」PUFFYがそろって劣化で、大阪のお笑いコンビ化!?

PUFFY_rekka.jpg
PUFFYスタッフTwitterより

 PUFFYの吉村由美が、急激に「老化した」と話題になっている。かねてから、相方・大貫亜美の「中年太り」が話題になっていたが、2人そろってネット上で“劣化認定”を下されてしまったようだ。

 由美の外見がネット上で騒がれたのは、今月10日に行われた映画『マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~』のイベント出席時。作品の舞台である80年代風の派手な衣装&メイクを披露したが、ネットユーザーからは「オバハンって感じ」「劣化ってより加齢かな」といった声が相次いだ。亜美に関しては、特に体形を批判されることが多く、近年「体の厚みがすごくて完全なオバサン」といった書き込みが増加している。

「由美が39歳、亜美が40歳という年齢を考えると、若々しい印象だとは思いますが……。ファッションやメイクが若者向けのものなので、逆に“老け”が目立っているのかもしれませんね。今回は、メイクの影響もあってか、2人そろって『大阪の女芸人みたいな雰囲気になってきたな』『ピンクの電話?』『海原やすよ・ともこみたい』と、散々な言われようです」(芸能ライター)

 プライベートでは、これといって話題のない大貫に比べて、吉村は破天荒な話題を振りまき続けている。1999年に結婚した、T.M.Revolution・西川貴教とは3年で離婚し、その後再婚した一般男性とも、昨年末に離婚したことを発表している。

「メディア関係者の間でささやかれていたのが、西川との“電撃復縁”です。離婚発表の少し前あたりから、2人が地方の繁華街でお忍びデートをしている現場が目撃されたり、また音楽イベントでの共演が増えたりと、その関係が怪しまれていました。そしてほどなくして吉村が前夫と離婚したことから、復縁もより現実味を帯びてきました」(週刊誌記者)

 大ヒット曲「アジアの純真」でのデビューから、はや18年。元夫婦の関係はともあれ、PUFFYのデビュー当時の初々しさは私生活、そして外見ともに、見る影もなく消え去ってしまったことは確かだろう。

つーか、ローリー変わらなさすぎ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク