女王と帝王と騎士――スーパーセレブ校で繰り広げられるエッチな三角関係とは?

zetuaikoutei.jpg

 女たるものいくつになっても、シンデレラストーリーにあこがれを抱くもの。映画や小説、少女マンガなど、数多くのシンデレラストーリーがありますが、TLコミック界にも「これぞシンデレラストーリーの決定版」という作品を発見しました! なにせ、バイトに明け暮れるビンボー庶民が、ある日超セレブ学園の理事長兼生徒に、さらに「女王」とまで呼ばれる地位にまで成り上がるんだから、そんじょそこらのシンデレラストーリーとはわけが違います。

その気になる作品は、『絶愛 皇帝~ドレイ姫に悪魔のキス~』。どこからツッコんでいいやら……と迷うほどのキラーワードだらけの作品ですが、そのあらすじをみてみましょう。

 両親を亡くしビンボー生活を送るありあ。実は彼女の祖父は聖王院家の当主で、スーパーセレブ校・私立王聖院学園の理事長だったことが発覚し、ありあはその跡を継ぐことになる。この学園には、女王、騎士、貴族、平民という徹底的な階級支配が敷かれており、ありあは女王として崇められる。イケメン騎士の有栖小路怜は、「ありあを支える」と忠誠を誓ってくれたが、王国制度に対する反対勢力「帝国」のイケメン皇帝(エンペラー)・帝堂刀威に襲われてしまう。「女王は俺の花嫁にするお前らの腐った王国を帝国が支配するためにな……!!」と宣言する刀威は、ヘリでありあを連れ去り、処女の彼女に陵辱の限りを尽くす。しかし、実はありあは怜の婚約者であることが発覚して――!? 女王・ありあ、騎士・怜、皇帝・刀威の三角関係の行方は?

一見ムチャクチャなところしかないあらすじですが、階級支配による身分の違いがタブー感を醸し出し、セックスのスパイスとしてピリリと効いています。これが、皇帝ではなく番長、騎士ではなく生徒会役員のようなリアリティある設定だったら、ドキドキも半減ですよ!

本作を読むに当たって、特にオススメなのは、やっぱりありあに感情移入すること。ドSな刀威に攻められ、優しい怜に癒やされと、贅沢な気分に浸れること請け合い。「男はね、優しいだけでも、強いだけでもダメなのよ……」という欲張りな女の願望をもかなえてくれます。

 『絶愛 皇帝~ドレイ姫に悪魔のキス~』は、今なら「コミックシーモア」で配信中。どんなに待ったって、「実はじいさんが大金持ちだった」なんてミラクルは実生活には起こりませんから、ぜひ物語の中で、王国制度のイケない妄想を楽しんでみては?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決