ポイ捨てされちゃうよ

美元のマスコミ掌握術は大失敗!? もはや芸能界カムバックも危うし

miwon02.jpg
美元公式ブログより

 高嶋政伸と美元の泥沼離婚裁判の判決が、年末年始までずれ込む可能性が出てきたことが明らかとなった。離婚裁判を公表して、早1年。今年に入ってからの美元は騒動の渦中にもかかわらず、『サンデー・ジャポン』(TBS系)などテレビ露出が激増。『サンジャポ』では夫婦関係に対する質問に「裁判中なのであまり話せない」などと美元が答えると、女医でタレントの西川史子が「だったら出てくんな」とブチ切れるシーンも定番となっていた。

 テレビ出演が増加していた美元だが、裁判で異常な“ストーカー体質”が暴露されてからは激減。6月下旬に所属事務所「スタッフアップ」を解雇されて以降の仕事は7月初旬の舞台のみで、ブログも休止し、芸能活動は八方塞がりの状況といえる。また解雇の前後からは「裁判中なので」とメディアからの取材も拒否すること場面が多く見受けられていた。

 ところがその後も「女性自身」(光文社)の直撃取材で、裁判によるストレスから蕁麻疹ができたり、整形したはずの二重まぶたが元に戻ってしまったことなどを告白していた。「取材は無理」と言っているにもかかわらず、定期的に美元の近況が漏れ伝わってくるこの状況は一体どういうことだろうか。

「彼女は常に誰かからアドバイスをもらっていないと不安になってしまうようで、定期的に相談をする相手が、週刊誌やスポーツ紙に何人も存在するんです。今では雑誌・テレビ・スポーツ紙と、それぞれの媒体に数人ずつ、美元の“相談相手”が存在しているようです」(週刊誌記者)

 相談する=ネタを渡す代償として、擁護寄りの記事を掲載してもらう。業界では常識の“貸し借り”だが、こと美元に関しては「逆効果では」という意見も。

「事務所もなくなった現在、たった1人でメディアを操作することなんてできませんよ。手持ちの相談相手では状況が変わらないと思ったのか、いまや高嶋寄りのマスコミ関係者にも美元は相談している状態です。これでは、見境なくあちこちのマスコミに極秘情報を垂れ流しにしているも同然で、これでは『美元を使おう』という社もいなくなって当然。こうしてメディアを利用すればするほど、美元はかえって自分の首を絞める流れになっている」(同)

 すでに離婚も視野に入れ始めたという美元。それならばせめて、芸能界にはカムバックできる下地を築いておくべきだろうが、時すでに遅しなのかもしれない。

あんた、それ相談相手ちゃうで

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク