大手事務所と契約! 多忙の住谷杏奈が実践する「頑張りすぎない」子育て術

sumitaniannna05.jpg
住谷杏奈オフィシャルブログより

 7月11日、オフィシャルブログ「主婦魂-しゅふたま-」にて、エイベックス・マネジメントと業務提携を結んだことを発表した住谷杏奈。レイザーラモンHGの妻、一男一女の母としてだけでなく、ファッションブランド「アンチュクール」のプロデューサーとしても活躍する住谷ですが、今回の契約を機に、さらに仕事の幅を広げていきたいと意気込んでいました。

 住谷のように、働くお母さんが増え続けている現代、やはり問題になるのは、仕事と子育ての両立。仕事を頑張ると子育てが疎かに、逆に子育てを頑張ると仕事が手抜きになってしまい、「どうして私はうまくできないんだろう?」と、ストレスを抱える人も少なくはありません。

 そんな働くお母さんが抱える悩みを軽減させるかもしれない、「頑張りすぎない」子育て術を、住谷は自身のブログに綴っています。

 例えば、子どものお手伝いについて。4~5歳くらいの子どもは、徐々に自主性が芽生え、大人の真似をしたがるもの。母親ならば、そんな子どもの成長を大事にしたいと思うものですが、実際になにか手伝いをさせてみても、いつもより時間がかかったり、失敗したりと、イライラが爆発してしまうなんてことは、よくありますよね。

 しかし、そんな時住谷は、

「息子はお手伝いが大好き。主に、洗いものと、お料理をお手伝いしたがります。洗いものは、水浸しになって大変なことになるので、ちょっと断りつつ……お料理のお手伝いをお願いしているよー。この前も、パセリ切ったりして楽しんでいました!!! 今夜は、何のお手伝いしてもらおうかな~~~」

 と、自分が疲れすぎず、かつ子どもにお手伝いをしたという達成感を与えられるよう、工夫をしています。「自分だけのため」「子どもだけのため」と、どちらか一方に偏る子育てではなく、「自分と子どものため」と、意識を変えることが大切なのです。

 また、昨年生まれた長女のハーフバースデーには、次のような言葉を寄せていました。

「息子と比べてしまうと、女の子だからかな? そんなに手がかからないムスメサン。私が大変だろうと、気を使ってくれているのかな?? と心配になったりもしますが、今は、そんなムスメサンの優しさに甘えさせてもらっています。」

 まだ生まれて間もない赤ちゃんを守るのは、お母さんの役割。しかし、そのプレッシャーに押しつぶされてしまいそうになった時、視点を変え、「自分が子どもに守られていることはないだろうか」と考えると、ふっと心が安らぐこともあるようです。住谷は子どもを親の付属物としてではなく、1人の人間として認めることで、親子ともども成長をしているのかもしれませんね。

anatagamirumirai.jpg

 そんなふうに、仕事と子育てを両立している住谷ですが、悩んだ時には占いサイトを利用することもあるのだそう。先日も、最近特にハマっている占いサイト「あなたが見る未来」をブログで紹介していました。なんでも、「簡単なプロフィールを入れるだけで、メールで診断結果が送られてくる」そうで、「自分の気持ちの持ち方とか、人間関係の事をズバッとメールいただきました!!!!」とのこと。嫌なことがあった時でも、気持ちの持ち方ひとつで、状況が変わってくることもあります。住谷も、「私、人付き合いがあまり上手じゃないので、アドバイスももらえたから、実践してみようかな。。。」と、「あなたが見る未来」の診断から、なにかヒントを得たようです。

 とある占いにて、「3人目の誕生もあるかも?」と言われ、とても驚いたという住谷。子ども3人を抱えながら仕事をするのは、並大抵のことではありませんが、住谷ならばやってのけそうな気がします。住谷のバイタリティに憧れるあなたも、ぜひ「あなたが見る未来」にアクセスして、さまざまなアドバイスをもらってみましょう!

あなたが見る未来

anatagamirumirai_QR.png

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク