子どもの放射能汚染はこうして減らせる!』レビュー

放射性物質には水拭きが効く! 『ホンマでっか!? TV』の武田先生が語る、主婦でもできる放射能汚染予防策とは!?

takedasensei.jpg
『子どもの放射能汚染はこうして減
らせる!』(竹書房)

 3月11日に起きた震災で、国内だけでなく世界中に恐怖をまき散らしたのが原発事故。文部科学省が年間被曝許容量を20倍に引き上げたことはニュースでもよく取り上げられていますが、これによって何が危険で何が安全なのか、政府や東京電力が示す情報を鵜呑みにすることはできないと、確信した人は多いはず。

 そんな政府や東電を批判する代表といえるのが『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で人気の中部大学教授の武田邦彦先生。以前から地球環境問題について独自の意見を主張して注目を浴びていましたが、今回の原発事故によって発生した、放射能汚染問題について、科学者の視点で分かりやすく解説する姿や、歯に衣着せぬ発言は、日本中の母親からの厚い信頼を集めました。

 武田先生が監修する本『子どもの放射能汚染はこうして減らせる!』では、子どもを放射能汚染から守るため、食生活、掃除、洗濯など日常生活について、母親としてできることをマンガや図を交えながら分かりやすく解説してます。

takeda02.jpg
(C)トマコ/竹書房

 震災以降、原発や放射線に関するさまざまな本が出版されていますが、難しい言葉や科学の専門用語などが並んでいてよく分からないのが正直なトコロ。けれど本書は、「水道水は安全?」「給食、外食は大丈夫?」「布団は外に干していい?」など、本当に知りたい身近なコトが分かりやすく解説してあり、普通の主婦が日常生活で実践できる予防法を教えてくれます。たとえば、セシウムは水に溶けやすいので、掃除するときは掃除機をかける前に水拭きをする。洗濯物を取り込むときはパンパンと手で払うことで放射性物質を3分の1に減らすことができる等……。手間ひまをかけなくても、日々のちょっとした工夫で予防できると分かり、放射性物質という目では見えない物質も、無闇におびえなくてもいい、と安心できます。

 また、放射線が妊婦にどんな影響を及ぼすかなど、女性だったら誰だって気になる情報も。この本のテーマは「子どもを守る」ですが、子どもを持つ母親だけでなく、これから子どもを産む女性にとっても大切なメッセージが込められています。

 あの震災以降、放射能汚染の影響を完全に避けることはできないのが事実。そこから目をそらすのではなく、また不安に押しつぶされるでもなく、真っ正面から受け止め、知識を得て、冷静に少しでも予防することが、子どもたちを守らなければならない私たちにとって、今最も大切なことなのでしょう。

http://www.takeshobo.co.jp/sp/takeda/
http://takedanet.com/

【ニコニコ動画】武田先生がコメ直答!! すくパラ特番~育児と原発~

『武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる』

学んでおきたい

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
読めば読むほど味が出る!? 擬人化された食卓ドタバタコミック『田中さんちの白米ちゃん』
泣ける犬映画はもう飽きた!? 小日向文世×”笑う犬”激突ハートフルコメディー
取次が委託配本拒否! 原発問題の根幹に迫る『東電・原発おっかけマップ』

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー