ツイッター誤爆騒動

またお騒がせ! 紗栄子、ツイッターで子どもの顔をアップし即削除

saeko-book.jpg
『ジェルネイルライフ』(学習研
究社)

 6月23日発売の「女性セブン」(小学館)で、六本木デートが報じられた北海道日本ハムファイターズ・ダルビッシュ有選手と妻のタレント・紗栄子。両者は昨年末に離婚協議中であることが明らかになり、4月には紗栄子がそれまで自身のブログに記載していた「ダルビッシュ」の名前を外したことも大きな話題となっていた。

 さらに、6月16日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)で、ダルビッシュの父親・ファルサ氏は「報道の95%は間違い」と、週刊誌などが報じた離婚の原因について言及しながらも「二人が復縁することはない」と断言。二人の離婚が公になるのも時間の問題かと見られていた矢先の密会デート報道だった。

 周りの人々の視線も気にせず、生活雑貨や子ども服などのショッピングを楽しんでいたという二人。しかし、関係者によるとやはり復縁の可能性はなく「子どもの将来を考えて良好な関係を築きたい」との夫婦の意見が一致したということらしい。

 ところが、このデート報道の一方で、思わぬ形でダルビッシュ&紗栄子夫妻の”家族の姿”が露呈してしまうハプニングが起きていた。

 報道の直前、ネット上の大手掲示板などに紗栄子がプライベートでツイッターをやっているとの情報が書き込まれた。名前や年齢、さらに紗栄子の子どもが大好きという「アンパンマン」に登場するキャラクターをもじったアカウント名だったことから、次第に「紗栄子ではないか」とうわさが広まっていたのだ。さらにダルビッシュ本人が、このアカウントをフォローしたことも疑惑を加速させた。

 そしてそれが決定付けられたのは、ツイッター上に自身で撮影したと見られる紗栄子と子どもの2ショット写真がアップされてしまったことから。鏡を利用して、抱っこひもで前方に子供を抱えた姿の写真、そして紗栄子の兄と見られる人物の写真まであった。

 紗栄子はかねてからブログで自身の子どもを「チビダル」(長男)、「ベビダル」(次男)と記していたのだが、そのアカウントからアップされた子どもの顔を見たユーザーからは「まさにダルビッシュにソックリ」との声が挙がった。

 関係者から注意を受けたのか、この写真は即座にアカウントごと削除された。ツイッター開始からわずか3日ほどの出来事だったが「離婚協議やデート報道もそうだが、完全にお騒がせタレントになっている」(ワイドショーデスク)と業界からも批判が相次いでいる。

 たとえ、非公式のアカウントとはいえ、万人に見られる可能性のあるツイッターで子どもの顔を公開するのは、脇が甘いと言われても仕方がないだろう。日ごろ子どもへの愛情をブログでつづっていただけに、今回の騒動はイメージダウンになってしまったようだ。

『ジェルネイルライフ 』

ダルに似ていて一安心

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
“キメた”紗栄子とダルビッシュの六本木デート、復縁の可能性は
いまだダルビッシュの婚姻費用頼り? 紗栄子の実業家としての実力
まさか本人!? KinKi Kids・堂本剛らしきツイッターがたった1日で消滅

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク