[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

まさか本人!? KinKi Kids・堂本剛らしきツイッターがたった1日で消滅

domototsuyoshi1111111.jpg
国王様のお出ましで~す

「いまを求めてはいけない いまに捧げていくんだ」

 そんな謎めいた”つぶやき”がツイッター上に登場したのは、13日の13時13分のこと。アカウント名「shamanippon」は、その後「繋がっている」とのつぶやきを残し、夜にはツイートもアカウント自体も消滅。1日限りというまるで夢か幻のような出来事だったのだが、これが一部のジャニーズファンの間で話題になっているのだ。

 というのも、このアカウント名「shamanippon(シャーマニッポン)」が、KinKi Kids・堂本剛と関係の深い単語だから。

「数カ月前から、雑誌『BARFOUT!』(ティー・シー・アール・シー)やラジオなどでたびたび剛が発信してきたのが『シャーマンニッポン共和国』の建国構想。『表現者として日本人の価値観を本気で変えたい』と語り、そのプロジェクトのひとつとして始動している……とは明かしていたものの、具体的な活動はまだ発表されていなかった。それだけにファンの間で『もしや剛本人?』と注目が集まり、一気に広がったようですね」(ジャニーズに詳しいライター)

 剛曰く”シャーマンニッポン共和国”とは「自分の中にある愛とかを自分に憑依させて、その中でトリップして表現するための架空の国」であり、「外国人でも、宗教人でも誰でも参加できる。でもこの国の中では宗教は意味を持たなくて自分のみが意味を持つから『何も考えなくていいよ』って国なんです」とのこと。ちなみに場所は「神様、仏様と同じで、自分がそこにあると信じればそこにある」ものだそうで、「政治が乱れている今の日本よりは、もしかしたら面白いことができるんじゃないのかなぁ?」と本人は自信満々。すでに国歌や国旗なども完成しているというが……。

「私も友達に聞いてすぐフォロワーになりました。剛くんのソロライブでパーカッションを担当しているスティーブエトウさんも『一言めきた!』とリプライしてるし、剛くん本人の可能性も高そうだな……って思って。なかには韓国人や中国人のフォロワーもいて、剛くんの『繋がっている』という言葉を実感しましたね。1日で終わっちゃったから事務所に叱られたのかなって心配になったけど、HNが13だったし、もともと13日だけの企画だったのかも…….。結局剛くん本人かどうかは分からないけど、たくさんのファンと『繋がってる』って思えてよかったです」(20代の剛ファン)

 折しも、6、7日に平安神宮で行われたソロライブでは、「真実は自分で見つければいい」「周りに流されず、自分で選んでありのままに生きよう」とメッセージを発信した剛。なりすましが横行するツイッターだけに、剛本人かどうか疑わしい状況ではあるものの、たった二言だけの”つぶやき”が、ファンの心に強烈な印象を与えたことは間違いなさそうだ。

『堂本剛と頭のなか』

もう、理解不能

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
堂本剛が宣言「アイドルではなく人間として音楽をやってます」
“先輩にとんでもないことをした”堂本剛にSMAPの反応は?
堂本剛コラボ帽子に前夜から大行列、ヤフオクで転売3万円超え

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!