日本の宝

森光子、ドクターストップから1年……気になる”あの疑惑”の真相は

jinnseikakumei.jpg
森光子「人生革命」/ジャニーズ・
エンタテイメント

 女優・森光子のドクターストップから1年が過ぎた。上演2,000回を達成した舞台『放浪記』の続投宣言が2009年で、その後2010年2月に主治医の勧めもあり、森は体調不良を理由に静養期間に入っていた。 当時『放浪記』の続投は予定されておらず、森の発言は完全なスタンドプレーだったと一部週刊誌で報じられた。製作の東宝演劇は森に対して引退を望んでいたが、森自身が会見で突然 “生涯現役宣言”を行ったため、関係者一同は仰天していたという内容だった。「採算も取れないし、なによりもう歳だし無理でしょう」という雰囲気のまま引退に持っていかれることが、本人としては許せなかったのだろうか。

 しかし気になるのは、体調云々ではなく、まことしやかに囁かれている”認知症”疑惑。会見を取材した記者たちも、それは触れてはならないことのように感じているという。

「森さん、レポーターの質問を忘れてしまうことがよくあるんです。自分でも困ってしまうのか、話している途中で黙ってしまうことも。すると関係者がマイクを持ち『つまり、森さんはカクカクシカジカ、こう言いたいのです。記事にする際はそれで統一してください』とフォローを入れることも。取材陣は全員心のなかで『いっこく堂かよ!』と突っ込んでいると思います」(スポーツ紙記者)

 舞台の上でも100%の力でやってのけているとは言いがたい。2010年1月に上演された『新春 人生革命』は滝沢秀明との共演で、上空7mのフライングに挑戦することが話題になったが、結局はコンピューター制御されたゴンドラでのフライングとなった。至近距離の席で観劇した一般客も「森さんは基本的にずっと座りっぱなしで、移動するときは誰かが手を取るんです。しかも歌のシーンや外しちゃいけないセリフはすべて口パク。まるで浄瑠璃人形が出演しているようで、見ていて危なっかしいというか別の意味で緊張しちゃいました」と明かす。

 そんな森だが、機転を利かせるシーンもたくさんある。水泳の北島康介から花束を贈られた際に「嬉しくて何も言えねぇ!」と北京オリンピックでの名台詞を拝借したことや、”永遠の恋人”と謳われていた少年隊・東山紀之と木村佳乃の交際が発覚した際も、結婚について聞かれると「私と?」と芸人顔負けのコメントを放った。 風評悪評も様々だが、こんなチャーミングなおばあちゃんは他にはいない。どうか女優復帰を果たして、かわいらしくておちゃめな森光子の姿をまた見せてほしい。

『人生革命 [Single, Maxi]』

光子待ってるよ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
森光子が「放浪記」出演をキャンセル! 深刻度が増す”老い”
相思相愛!? 年上キラー今井翼、森光子のお気に入りナンバーワンに
過剰サービスでも足らず!? 堂本光一の舞台で森光子の写真集を発売



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

森光子、ドクターストップから1年……気になる”あの疑惑”の真相はのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 森光子のニュースならサイゾーウーマンへ!