[ジャニーズ・メディアの裏側]

赤西仁、「ホテル密会」米国人バックダンサーと公私ともどもラブラブ

jinakanishi.jpg
スウェット姿の仁も素敵だよ!

 22日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)に金髪美女との「ホテル密会」を報じられてしまった赤西仁。記事によると、お相手は赤西の凱旋ツアーに出演していた米国人バックダンサー。ぼんやりながらもペアルックのツーショット写真が掲載されており、クラブでの夜遊び後、彼女の宿泊先でもあるホテルで翌朝11時すぎまで過ごし、ホテルから近いカフェで遅めの朝食をとるふたりの様子が”誌上中継”されている。

 この写真が撮影されたのは、武道館公演の中日でもある2月12日。しかし、実はそれ以前からふたりの親密な関係はファンの間でもウワサされていたという。

「彼女の名前はLIZZY(リジー)。米国人にしては小柄だけど巨乳でコケティッシュな感じの女の子です。1月末に行なわれた大阪城ホール公演の間にも、同じようにクラブから出てきて、ふたりでホテルに姿を消す場面を目撃しました。実際、ここ最近の仁はリジーにデレデレですよ。軍団メンバーと遊ぶ時も常に連れ歩いて、腰に手を回したり、手を繋いだりしてるし。こんなにオープンじゃ、いつ撮られてもおかしくないとは思ってました」(二十代の赤西ファン)

 ライブ中も、赤西が彼女を抱き寄せたり、ヒソヒソと耳打ちをしたり、髪を撫でるなど、演出にしては過剰な”絡み”が話題になっていたふたり。どうやらいまは「公私ともに離れたくない」ほどのラブラブ状態のようだ。

「赤西は、アメリカで行われたダンサーのオーディションにも積極的に立ち会ったそうです。そのころから好みのタイプをチェックしていたのかもしれませんね(笑)。アメリカで暮らしていた頃『女性ダンサーのマンションに入り浸っている』という情報がありましたが、もしかしたらそのお相手も彼女だったのかも……」(女性週刊誌記者)

 昨年の全米ツアーでは、無料チケットをバラまくなど(既報)結果を残せなかった赤西だが、こと恋愛に関しては世界共通の手腕を発揮していたよう。凱旋ツアーも終わり、20日には自身のツイッターで

「Goodbye Tokyo I’ll see you in a few months. Thank you everyone who has shown us an amazing time.」

 とつぶやいて帰国したリジー。2日後に発売された「an・an」(マガジンハウス)では「カノジョ? 今はいないよ」なんて、アイドルとしてお約束のコメントを発していた赤西だが…….まだしばらくふたりの蜜月状態は続きそうだ。

『Yellow Gold Tour 3011(初回限定盤A)(2枚組DVD)(携帯ストラップ型ツアーパス・レプリカ付) 』

日本人じゃダメなのかなー

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「裏切り者への最後の言葉」赤西仁が発したメッセージに戸惑うファン
海老蔵事件の現場となった、”危険なビル”に入り浸るジャニーズたち
集客は微妙!? 全米デビューの赤西仁、年明け”凱旋公演”に不安の声

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!