[ジャニーズ・メディアの裏側]

集客は微妙!? 全米デビューの赤西仁、年明け”凱旋公演”に不安の声

akanishijin03.jpg
英詞曲だけなら、一番盛り上げるの
はMCの予感

 KAT-TUNを脱退し、全米でソロツアーを行っている赤西仁が、早くも来年1月からさいたまスーパーアリーナで”凱旋コンサート”を行うことを発表した。現在、赤西は全米ツアー『Yellow Gold Tour 3010』の真っ最中。現地の評判は全く聞こえてこない。

「6月に行われた全米公演では、日本のマスコミの力もあり『超満員』『大成功』というイメージが浸透しましたが、あれはあらかじめ日本のマスコミの取材する日が決まっていて、そのためにジャニーズサイドが尽力しただけのこと。実際、マスコミの取材がなかった日の公演は客席も7割ほどしか埋まっていませんでしたよ。2,000人も入っていませんでしたね」(音楽関係者)

 現在行っているツアーもあらかじめ日本のマスコミ取材日は決まっている上に、それを報じるのはジャニーズの”御用マスコミ”のみ。本当の現地での評判は行った者にしか分からない。

「曲もMCも全編英語だったんですが、お世辞にもうまいとは言えませんでしたね。英語の発音もネイティブとは言いがたく、何を言っているか分からない部分もありました」(同)

 そんな状況で来年1月に日本で凱旋コンサート、それも2万人以上は動員できる「さいたまスーパーアリーナ」というから、成功するかは微妙と言わざるを得ない。ジャニーズファンの間では「仁がいたころのKAT-TUNの東京ドーム公演でも、オークションで安値で飛び交っていた。彼ひとりでアリーナを満員にできるとはとても思えない」「グループの辞め方が辞め方だけに、他のKAT-TUNファンが赤西のコンサートに足を運ぶことはない」という声が上がっている。逆を言えば、当日やって来たファンの数がそのまま赤西の支持者の数となる。ジャニー喜多川社長が異常なほど熱を上げているという赤西の正念場は、来年早々にやって来る――。

『CHANGE UR WORLD(初回限定盤2)』

今戻るなら、一緒に謝ってあげるから

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
チケットをバラまき? 赤西仁、全米ツアーに大満足も残る課題
「俺のこと忘れないでね」赤西仁、全米ツアー前にファンへアピール
「僕ノ英語、ワカリマスカ?」赤西仁が得意の英語でインタビュー

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク