[ジャニーズ・メディアの裏側]

集客は微妙!? 全米デビューの赤西仁、年明け”凱旋公演”に不安の声

akanishijin03.jpg
英詞曲だけなら、一番盛り上げるの
はMCの予感

 KAT-TUNを脱退し、全米でソロツアーを行っている赤西仁が、早くも来年1月からさいたまスーパーアリーナで”凱旋コンサート”を行うことを発表した。現在、赤西は全米ツアー『Yellow Gold Tour 3010』の真っ最中。現地の評判は全く聞こえてこない。

「6月に行われた全米公演では、日本のマスコミの力もあり『超満員』『大成功』というイメージが浸透しましたが、あれはあらかじめ日本のマスコミの取材する日が決まっていて、そのためにジャニーズサイドが尽力しただけのこと。実際、マスコミの取材がなかった日の公演は客席も7割ほどしか埋まっていませんでしたよ。2,000人も入っていませんでしたね」(音楽関係者)

 現在行っているツアーもあらかじめ日本のマスコミ取材日は決まっている上に、それを報じるのはジャニーズの”御用マスコミ”のみ。本当の現地での評判は行った者にしか分からない。

「曲もMCも全編英語だったんですが、お世辞にもうまいとは言えませんでしたね。英語の発音もネイティブとは言いがたく、何を言っているか分からない部分もありました」(同)

 そんな状況で来年1月に日本で凱旋コンサート、それも2万人以上は動員できる「さいたまスーパーアリーナ」というから、成功するかは微妙と言わざるを得ない。ジャニーズファンの間では「仁がいたころのKAT-TUNの東京ドーム公演でも、オークションで安値で飛び交っていた。彼ひとりでアリーナを満員にできるとはとても思えない」「グループの辞め方が辞め方だけに、他のKAT-TUNファンが赤西のコンサートに足を運ぶことはない」という声が上がっている。逆を言えば、当日やって来たファンの数がそのまま赤西の支持者の数となる。ジャニー喜多川社長が異常なほど熱を上げているという赤西の正念場は、来年早々にやって来る――。

『CHANGE UR WORLD(初回限定盤2)』

今戻るなら、一緒に謝ってあげるから

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
チケットをバラまき? 赤西仁、全米ツアーに大満足も残る課題
「俺のこと忘れないでね」赤西仁、全米ツアー前にファンへアピール
「僕ノ英語、ワカリマスカ?」赤西仁が得意の英語でインタビュー

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム