[ジャニーズ最新言行録]

「僕ノ英語、ワカリマスカ?」赤西仁が得意の英語でインタビュー

akanishi0101.jpg
通訳なしはご立派です

 日本の芸能・文化を英文で紹介する、国内唯一の英文月刊誌「Eye-Ai」(株式会社リバーフィールド社)。過去には滝沢秀明やKAT-TUN・上田竜也などが取り上げられたことがあるのだが、発売中の8月号には赤西仁が登場。モノクロページでのインタビューに応じている。

 周知のとおり、「語学力を高めたい」と単身アメリカへ語学留学に旅立った経験をもつ赤西。帰国後も、バラエティで外国人のゲストと通訳を介さず会話したり、英語でソロ曲を作詞するなど、その語学力を発揮してきた。今回のインタビューでも、「緊張してます」「僕の英語、わかりますか?」とインタビュアーを気遣いつつ 、すべて英語で回答。雑誌には、赤西が語ったままの原文が掲載されている。

 インタビューのテーマとなったのはKAT-TUNの冠番組『カートゥンKAT-TUN』(日本テレビ系)。何度かリニューアルを経ている同番組だが、赤西が好きだったのは最初のシリーズ。

「”100Q”という100問の質問を通して、ゲストといろいろな話ができるのが楽しかった」
「自分たちの番組はもともとおもしろいと思うけど、もっとおもしろくしたい」

 と、番組にかける思いを真摯に語っている。また、ジョディ・フォスターやウィル・スミスなどハリウッド俳優と対話したのもこの番組でのこと。

「日本でかしこまった場での常套句があるように、英語圏でもインタビューの際の決まり文句があるみたいなんですけど、そんなこと知らなくて、大変でした」

 そういった流儀を知らされずにハリウッド俳優と対峙した赤西。その緊張と戸惑いはそうとうなものだったと思うが、オンエアで見る限り、彼らしいスタンスで会話していたようだったのはさすが。

 その他、赤西らしい会話が英文を通してもうかがいしれる「Eye-Ai」のインタビュー。国内の雑誌とは違うスタンスでのぞんでいるのも興味深いので、関心のある人はぜひ一読を。また、9月号はKAT-TUNが表紙を飾る予定。ぜひお見逃しなく!

『KAT-TUNライブ・ドキュメント・フォトブック”BREAK the RECORDS”』

中丸のバンジーも収録されてる?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 5人兄弟の次男・田中聖、3男が芸能人の弟としての苦悩を語る
【関連記事】 「○○でオレはコロリといっちゃう」上田竜也、セキララ恋愛告白
【関連記事】 お騒がせ赤西仁が子づくり宣言!「軽い女にはならないように……」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー