寛容な態度のウラには......

「ヤンチャな方がいい」CAの内定式騒動に、社内は歓迎ムード?

hujitasusumu01.jpg
『渋谷ではたらく社長の告白』
(幻冬舎)

「いや~、サイバーエージェントさんはさすがだと思いましたよ。あの騒動さえ逆手にとって、社名が上がったと喜んでるんですから」

 大手広告代理店社員がそう話すのは、10月15日にTwitterで爆発的に広がったインターネット広告事業「サイバーエージェント」(以下、CA)の内定式流出騒動だ。これは、同社の内定を得た女子大生がCAが運営するアメーバブログで内定式の模様を写真付きで紹介したことが、そもそもの発端。内定式での様子を誰もが閲覧可能なインターネット上に公開したことが問題視されたが、内定者たちを対象にした声が次第に大きくなっていった。茶髪でバッチリメイクの内定者に対し、ネット上では「リア充過ぎる」「ホストとキャバ嬢の会社」「顔採用」などと、羨望と嫉妬混じりの声が飛び交い、内定者のブログの該当記事は即削除。いまなお、彼女のブログは、アメンバー(ブログ管理者が許諾したアメブロ会員)限定となっている。

 当然このことはCA社員の知るところとなり、幹部の耳にも入ったというのだが……。

「ブログに晒した内定者の扱いは社内でも注目していたらしいのですが、結局おとがめなしの結論に至ったそうです。というのも、CA社では2005年にも内定者によるピンポンダッシュ事件(CA社内定者が飲み会の流れから、深夜の住宅街でピンポンダッシュをして遊んだことをまたしてもアメブロに綴ったことで発覚した問題)があったのですが、その時のメンバーが順調に出世しているようで、今回の件も幹部が『学生の時にヤンチャしていた方が社会人として伸びる』と語ったらしいですよ」(同)

 また、CA社員の間では、別な”思惑”もあるという。

「CAでの職種は大きく分けて、SEやWebデザイナーなどの技術職と、広告代理店業務などの事務職の2つのパターンがあります。今年の採用はどちらかといえば技術職が多く、彼らは見た目が地味な子が多いんです。騒動となったブログには事務職の華やかな子たちの写真が掲載されていたので、イメージを保てたと安堵している社員も多いんですよ」(CA社員)

 今回の一連の騒動、結局CA社の思惑通りに終息した感が否めないが、自社の騒動をもプラスに変えることは広告代理/PRを担う同社には容易いことなのかもしれない。

『渋谷ではたらく社長の告白』

社長がいいなら、いいけどさ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ちょっと具材を変えただけ……SHIORIの”彼ごはん”は使い回し?
芸人、ジャニーズだけじゃない! あのグラドルを引き抜いた、大林素子の活躍ぶり
TBS・青木裕子アナの熱愛は地雷!? 局をあげてダンマリを決めこむそのワケとは

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに