[女性誌速攻レビュー] 「CanCam」8月号

万能雑誌からの脱却? 信者以外楽しめない「CanCam」8月号

cancam1008.jpg
「CanCam」(小学館)8月号

 今月号の「CanCam」の特別付録は「COACH POPPYレターセット付き特製缶ケース」です。先月号の付録が「お疲れちゃんシール」だったことを思えば、かなりグレードアップ。というか、「COACH」ブランドの付録のために、先月号は付録を”捨てた”のかしら? と下衆の勘ぐりをしてしまいました。でもよくよく考えると、こんなポップなレターセットで誰に手紙を送ればいいんだろう。この缶ケースは本当にいるのだろうか、といろんな疑問が沸いてきます。付録から読者を戸惑わせる雑誌「CanCam」、早速中身を見ていきましょう。

<トピック>
◎”かわいい賢人の夏ランキング”発表
◎感動の最終回 REAL MODELS
◎この夏、自分史上最高バストに!

■読者を困惑させるトラップ?

 まずは今月号の大特集「”かわいい賢人の夏ランキング”発表」を見ていきましょう。有名人ページでは、「CanCam」のテイストは微妙に方向性の違う、ダルビッシュ紗栄子や西野カナ、AKB48の小嶋陽菜・板野友美まで登場させるほどの雑食っぷり。それでも有名人ページから、同誌モデルの徳澤直子、安座間美優が登場するページまでは、気になるファッションアイテムやコーディネートをランキング形式で紹介するなど、特集名に沿うような誌面作り。

 ところが、6大都市のスナップページになった途端にランキングが大雑把に。「日本全国エレガンスOL現象!!」や「おしゃれなコからパンツ主義だった!!」など、誰にでも当てはまるようなランキング内容。しまいには「部屋作りが地元で有名!」な一般人の自宅に行ってみたり、「女子会がどんどん進化していた!」と潜入してみたり、「スポーツイケメンアワード」をいきなり開催してみたり。あれっ、結局何の特集なんだっけ? と読んだ後に空虚な気持ちになってしまいました。

■洋服にそこまでの努力を惜しまないなんて

 「CanCam」で紹介されている商品の一部は、公式HP「CanCam.TV」で購入できるという、とっても便利な仕組みになっているのですが、今月号の連動ページはちょっと気合が入っているようですので、チェックしてみたいと思います。その名も「買わなきゃウソ! のアンダー1万7,000円超絶メリットな1週間セット」です。「買わなきゃウソ!」って、恐らく買わない私はウソつきなんでしょうね。

 な~んて姑みたいなことを言っていますが、好みであればお買い得であろうセットがいくつも紹介されており、煽り文句も読者が目を引きそうなものばかり。「全方位モテ 愛されガールなれる5点、2リバーシブル!」「上品レディな5点セットで毎日エレガンス!」「人とかぶりたくない! そんなワガママを叶える、奇跡の4点セット!」などなど。「CanCam」読者は、「全方位に愛され、品をキープしつつ、人とかぶらない」ために奮闘しているかと思うと、その苦労に涙をこらえきれません。ゴールがどこなのか分からないけど、頑張って!

■広告部と編集部の折り合いの場所?

 「CanCam」の女性誌レビューを書く上で、扱いに困っていたコンテンツがあります。それが「フォトドラマ REAL MODELS」。舞川あいく、安座間美優など同誌のモデルが出演し、ただ、写真と文だけで進んでいく恋愛ストーリーなのですが、ストーリーが携帯小説ほどドロドロしくもなれないし、少女マンガほどときめきも感じさせない、という最悪なパターン。存在の意味があるとすれば、劇中で登場する小物やチョイ役で出演した有名人、ロケ地(ホテルやレストラン)をバックステージとして紹介できる、という政治がらみの折り合いの場所というぐらいでしょうか。今回、無事に最終回を迎えてよかったよかった、と胸をなでおろしていたら、来月号からは「REAL GIRLS」というシリーズが始まるんだとか。このシリーズを継続する意味を知りたい、と願っているのは私だけではないはずです。

 今月も信者以外には戸惑うばかりの企画があふれていた、「CanCam」。企画がイマイチだっただけに、エースモデルの不在、アパレルの新作が出ない月(=広告も入らない)という苦しい現状を隠しきれませんでした。実売・広告ともに、青文字系とギャル系の勢いに防戦一方の赤文字系。信者以外は寄せ付けない誌面作りは、もしや万能雑誌から脱却するための、第一歩なのでしょうか。赤文字系の雄「CanCam」がどのように変質していくのか(もしくは変わらないのか)、来月号も注目していきたいと思います。
(小島かほり)

「CanCam」

マジョリティーがマイノリティーに?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「CanCam」が袋とじで「毛」特集! それは「禁断の世界」?
上の世代は反面教師!? 「CanCam」が推奨する「20代で結婚」!!
新年度を前に……オンナの生きる道を示した「CanCam」5月号

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー