[ジャニーズ最新言行録]

手越祐也と増田貴久、2度目のテゴマスツアーでMCがやや進歩!

masuda.jpg
ぐだぐだなのがテゴマスの持ち味なのよ♪

 NEWSの手越祐也と増田貴久によるユニット「テゴマス」が、ミニアルバム『テゴマスのあい』をひっさげ、約2カ月で全国14都市をまわるライブツアー「テゴマスのあい」を大阪城ホールからスタートさせた。定評のある美声でしっとりと歌い上げたかと思えば、ゾウに乗って登場するといったキュートな演出には客席から「かわいい~!」の 歓声が続出。NEWSの際の二人とは違った「テゴマスらしさ」を全面に押し出したコンサートに、ファンもすっかり魅了されたようだ。

 ところでテゴマスといえば「MCが心配」という評価もファンの間でちらほら。NEWSのコンサートでは小山慶一郎や加藤成亮が率先してまわしている印象が強く、本人たちにも苦手意識はあるのか前回のツアーでは多少ぐだぐだだったり、オチがないまま終わる場面もあったよう。とはいえ、2度目のライブツアーで要領もつかめてきたのか、 大阪2日目のMCでは、手越が「夜1人で初日のDVDを見たんだけど、MCを見て笑っちゃいましたね」とニヤリ。

増田「おおー。やっぱおもしろすぎましたか?」
手越「いや、あまりに芯がなさすぎて(笑)。そこで寝ちゃったんだよね」

 その反省(?)をふまえてこの日披露したのが、増田と手越が遊園地でばったり遭遇したときの話。中学時代の友達2人と一緒の手越と、NEWS加藤&増田のグループが、園内で偶然で会ったそう。手越の友達とは初対面だったため、場をなごませようと軽いノリで話しかけた増田。

「別に田中じゃないなんだけど、『おっ、田中くーん、ひさしぶり』って言えば『田中じゃないですよ~(笑)』って返ってくるかと思ったんだよね」

 ところが、返ってきたのは期待したものからほど遠く……、

「『は? 田中じゃねーし』とか言われて、しかも真顔で低めの声で言われてさぁ。俺、手越より年上なのに……」

 よかれと思ってやったことだったのに、距離感がつかめず逆に不機嫌にさせてしまったようで……。その後ジェットコースターに乗るときも、気分は若干落ち気味だったという増田。それでも、こうやってコンサートのMCに活用できたのなら、いい経験をしたと言えるのかも?

 そんなこんなでMC力もじわじわついてきたテゴマス。多少ぐだぐだ感はあったとしても、そののんびりした空気を楽しむファンも多いとか。二人の持ち味を生かしたコンサートツアーは、まだ始まったばかりだ。

『テゴマスのあい(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD] [Limited Edition]』

てごにゃんはお友だちも上から目線

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
エキストラは見た! 山下智久、映画『あしたのジョー』でげっそりボコボコ
ジャニーズを辞めた? 飲酒謹慎の元NEWS草野がモデルとして復帰
NEWS加藤成亮、主演ドラマ惨敗……SABU監督の健闘むなしく

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク