[TVツッコミ道場]

実は草なぎ系の天然? 佐藤健の意外な素顔

takerusato.jpg
佐藤健『深呼吸。』/ワニブックス

 今回ツッコませていただくのは、さまざまなバラエティー番組で見せる、いま大人気のイケメン俳優・佐藤健の意外な素顔。

 『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)や『メイちゃんの執事』(フジテレビ系)などで、あるいは「タ〜ケル〜とノゾミ~♪」の「Fit’s」のCMで、あるいはそのもう少し前、『ルーキーズ』(TBS系)で注目した人も多いかもしれない。しかし、番宣で登場するさまざまなバラエティー番組で見せる素顔は、2007年の初主演作「気が弱くてすぐに気絶してしまう、史上最弱のライダー『仮面ライダー電王』(日本テレビ系)」に最も近いのではないかと思える部分が多い。

 たとえば、2月27日放送分『王様のブランチ』(TBS系)の「買い物の達人」コーナーに、三浦春馬とともに登場したとき。喋っているうちになんだか分からなくなり、ツッコまれると、「喋るのあんまり得意じゃない……」とポツリ。また、買い物のときには「分かってるんです、自分でもダラダラしてるって(笑)」と呟いていた。

 お化け屋敷ではビビりまくり、二人に課せられた「自分たちのDVDを探して持ってくる」という使命には、腰が引けたままで、「どうする? どっちが取る?」と三浦に聞かれても、リアクションなし。結局、三浦が「オレが取るね」と優しさを見せてくれていた。

 それでいて、メガネ屋さんでの買い物では、店員さんの説明には全く興味がなさそうにキョロキョロし、「あの、全く聞いてないですけど」とツッコまれるシーンも。
 
 これ、どういうわけか『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)のお買いもの企画で見られる、草なぎの反応にもよく似ている。かなり素直。というか、実はちょっと天然……?

 これまでも「実は天然?」と思われる場面はいくつかあった。

 たとえば、『はなまるマーケット』(TBS系・1月22日放送分)に、三浦春馬と二人で出演したとき。三浦が得意料理の「冬キャベツのパルメザンチーズ焼き」を披露するなか、彼は傍らでアシスタント兼「味見役」を務めていた。

 ところが、この「味見」役、普通はキャベツの火の通り具合などを確認すべきところなのに、どういうわけかベーコンだけ食べ、「美味しい」とコメント。さらに、各自に盛り分けられ、試食する際には「ベーコンが1個しか入ってない」と冗談交じりにご立腹していた。お茶目である。

 また、意外と何度も出演しているのは、『ザ・イロモネア』(TBS系)だが、彼のビジュアルから全く結びつかない異世界への興味を示す、こんなコメントを真剣にしていた。

「僕が来るとき、いつもガリガリガリクソンがダメだったけど、今日はガリガリガリクソンがクリアして良かった」

 佐藤健とガリガリガリクソン――この意外な組み合わせの妙。しかも、有名人なのに、まるで素人のように芸人を呼び捨てする無邪気さ。これが計算だとしたら、かなりのバラエティー能力ではないだろうか。

 現在は『龍馬伝』(NHK)でも岡田以蔵役として活躍している彼。まだまだ知られていない魅力をいっぱい持っていそうです。
(田幸和歌子)

『佐藤健写真集『深呼吸。』 (単行本)』

是非、「ぷっ」すまにご出演を

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
水嶋ヒロ、佐藤健らを輩出! “ライダー系イケメン”製造秘話を明かす …
「uno」イケメン4人衆、トークの主役は誰?
孫バカ板東英二、孫のために三浦春馬に接近中?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク