意外なランキングにビックリ!?

辛酸なめ子&岩井志麻子が選んだ本当の2009年流行語大賞はコレ! 

――今年の流行語大賞は「政権交代」という、センスもリアリティーも全く感じられない言葉に決定しました。しかし、もっとナイスな言葉が今年はたくさんあったはず! そんな思いを胸に持つ信頼できるお二方(便乗してサイゾーウーマン編集部員も♪)に”真”の流行語を伺ってきました。

norip2.jpg
「あぶり」やった発言もインパクトありました

■辛酸なめ子さん的流行語大賞

1位 「この辱めをどうしてくれるの!?」
選定理由:のりピーの、咄嗟に放ったにしては絶妙なセンスのセリフ。 

2位 「今から行くけど、いる?」
選定理由:押尾が、自分の性器を指していると強引に言い訳したけれど不自然すぎて嘘だと発覚したメール。

3位 「God bless you…」
選定理由:人格者マイケル・ジャクソンがリハーサル中何度も言っていたスピリチュアルなセリフ。

■岩井志麻子さん的流行語大賞

manabu.jpg
押尾語録も再び脚光をあびましたね

1位 「来たらすぐいる?」

選定理由:押尾学が被害女性に送ったメールの一節。これはクスリを指しているのかと裁判で問われて、「いいえ。僕自身を指しています」と答えた。「部屋に入ったらすぐ、陰茎がほしいか」の意だそう。そんなチンポに自信があるならクスリなんか使わないだろ。

2位 「この辱めをどうしてくれるの」

選定理由:酒井法子が覚せい剤で捕まった夫の元に駆けつけ、自分も疑われたときの叫び。SなんだかMなんだかわかんないけど、恥や辱めをほとんど感じない私は痺れた。

3位 「学の顔はよくできているなぁ」

選定理由:押尾のタニマチとされるピーチジョンの女社長がブログに書いていたという、押尾学の顔に関する記述。確かにわしもそう思うけど。顔以外は本当に粗末にできていたのね。というオチも書いてほしかった。

watarishatyo01.jpg
1分49秒からの心のシャウトをご覧ください♪

■サイゾーウーマン編集部流行語大賞

1位 「ゆうちゃ~~~~~ん!!」

選定理由:今年、7月5日に国立競技場で行われた、石原裕次郎の23回忌法要での一コマ。

2位 「ゆうちゃ~~~~~ん!!」

選定理由:裕次郎の奥さまであられる、まき子さん曰く「渡社長が、『ゆうちゃん』と言ったのは初めて」とのこと。

3位 「ゆうちゃ~~~~~ん!!」

選定理由:過疎化が進む、石原軍団だが「我ここにあり」と叫んだ渡社長と、読経の最中に何十人のお坊さんがウロチョロ動く様は、サイゾーウーマン編集部員の心に刻まれました!

『ゴールデン☆ベスト』

受賞おめでとう!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 裕ちゃんの骨までしゃぶり尽くす! 石原軍団とテレビ朝日
【関連記事】 酒井&押尾報道であの大物たちがドキッとしちゃった瞬間
【関連記事】 押尾学と酒井法子、それぞれの背後にある暗くて深い交友関係

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  14. 『カウコン』意外な舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー