祝日やファーストフードまでも!?  深すぎる! 腐女子の擬人化事情

carender.jpg
『カレンダーボーイ~祝日擬人化コミック~』新書館

 国を人に見立てた歴史コメディマンガがアニメ化された『ヘタリア Axis powers』の劇場版公開が決定したり、大江戸線の各駅をイケメンで表したアニメ『ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~』(テレビ東京系で放送中)が放送されるなど、腐女子の間では相変わらず”擬人化”がアツい。

 『ヘタリア』や上に挙げた電車系擬人化作品の人気にあやかってか(?)、都道府県を擬人化した『ニッポン擬人化』(コアマガジン)や、ファーストフード店を擬人化した4コマ漫画『すまいる0円!』(ふゅーじょんぷろだくと)など、様々な擬人化マンガも発売。『すまいる0円!』では、世界各国の言語が話せるマルチリンガルの間久戸鳴人(マクドナルト)、環境問題意識が高くツンデレの茂巣貴(モスバーガー)、コラボもしているモスに懐いている不思議ちゃん系の三須土ナツ(ミスタードーナツ)、社交的できゃぴきゃぴ系のロッタ・シェーキー(ロッテリア)などが働く日々を、ギャグ満載で描く擬人化マンガだ。

 また、最近では『カレンダーボーイ』(新書館)なる、元日(ドジなお坊ちゃまで、シッカリ者の大晦日におんぶに抱っこ状態)や憲法記念日(お小言が多いクールなメガネ男子)など、日本の祝日を擬人化した4コママンガまでも発売され、注目を集めている。また同人の世界では、携帯電話やカフェ、惑星の擬人化マンガや、アンパンマンやポケモンなど、人外の者の擬人化も活発になってきているようだ。

 一般的な腐女子は、事象やモノ自体に萌えているというより、それらを頭にインプットした途端に、脳内で自分の理想とするキャラクターに変換するという特技を持っている。たとえば在来線好きの小生は、山手線が車両故障でストップしてしまったりすると、”山手線=ガンバリ屋さんで寂しがりなステキ男子”というキャラが脳内で確立されているので、「山手線ったらがんばって回りすぎて、また自分が何をしてるのかわからなくなっちゃったのかしら? かわいそうに……慰めてあげたい!!」という、母性本能にも似た感情がわき上がってくる。普通、電車が止まるとイラつくものだが、電車を擬人化し、愛することができれば、イライラ0%の快適電車ライフを送ることができるってわけだ。

 高層ビルの避雷針やペットボトルの蓋とキャップの関係性に萌える腐女子もいるなど、彼女たちの妄想力は底ナシ。次はどんなトンデモ擬人化が登場するのか、今後の動向が楽しみだ。
(小石川光希)

『カレンダーボーイ~祝日擬人化コミック~ (WINGS COMICS) (コミック)』

女子の欲望はとまりません

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「女装2周年おめでとう!」即日ソールドアウトの”女装”飲み会とは!?
【関連記事】  イケメンおなべが教えてくれる、おなべバーデビューのイ・ロ・ハ
【関連記事】 俳優の卵たちが接客してくれる、うわさのギャルソンカフェに潜入!!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク