[ジャニーズ最新言行録]

大野智に「もっと自覚を持て」と怒り爆発、ついに○○活動謹慎へ

oono.jpg
外見に頓着ないのも魅力なんだけどね

 一度ハマったらとことん、の性格が災い? して、目下釣りにまっしぐらの嵐・大野智。「船に乗ったら何十時間でも平気」と豪語する通り、後輩であるNEWS・加藤成亮の初釣りに付き合ったときは25時間も船に乗り続けてもケロっとしていたとか。普段でも、半日は釣り糸を垂らしているというから、恐れ入ってしまう。

 しかし、あまりに釣りにハマるあまり周囲からは「もっと自覚を持て!」と怒られているそうで……。

「その理由は、ずばり”日焼け”。ほとんどのオフを釣り三昧で過ごしているみたいなんです。一応日焼けどめを塗ってるみたいですけど、まったく効果ないですよね。昨年あたりは『ちょっと黒いかな』程度だったのが、今年に入ったら『いくらなんでも黒すぎ』なんて、大野くんファンじゃない人にも言われるようになって(笑)。本人はラジオや雑誌で『気をつけます!』なんて言ってたけど、そう言ってる間にもどんどん黒くなってるんだから、説得力ないし。まあ、本人の目が覚めるのを気長に待ちます」(40代の大野ファン)

 だが、関係者はそんな温かい目で見守るわけにはいかないよう。メンバーの松本潤が「あんな黒い”歌のおにいさん”、いるかっつーの。リーダーのファン、言ったほうがいいよ! 『黒すぎる』って。オレは何度も言ってるから、もう言わないけど」(NACK5『JUN STYLE』1月24日)と苦言を呈すれば、ついに「マネージャーにさんざん怒られ」てしまう(日本テレビ系『嵐の宿題くん』6月1日)など、外堀をどんどん埋められてしまった大野。「女性自身」(光文社)8月18、25日合併号に掲載されたインタビューでは、ついにこんな発言が飛び出した。

「この夏は絵を描きたいね。夏に釣りに行き過ぎると真っ黒になっちゃうから……。だから、釣りは避けて、家に閉じこもって絵を描く!」

 なんと、事実上の「釣り封印」宣言。さらに、8月5日にオンエアされたラジオ『ARASHI DISCOVERTY』でも「絵はね、描きたいと思ってるんですよ。でっかい絵を」と話しており、この夏はインドア趣味に徹底することに決めたよう。

 8月末から国立霞ヶ丘競技場でのコンサート、さらに5大ドームツアーと、ファンの前に姿を現す機会も多くなる嵐。もしかしたら、美白を取り戻した大野に会えるかも?

『All the BEST! 1999-2009(初回限定盤)(CD3枚組) [Limited Edition]』

秒殺で売り切れ必至、予約をば。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 祝・初主演の相葉雅紀、ウワサの彼女と恋も順調?
【関連記事】 刺激的! 嵐新曲を振り付けした屋良朝幸が大野智と○○仲間に!
【関連記事】 さすが二宮和也、オトコ同士の熱くて濃~いキスを披露!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに