今秋放送「テレシネマ」で、東方神起ジェジュンが北川悦吏子とタッグ!

 今秋、日韓合作による短編ドラマプロジェクト「テレシネマ」が誕生する。7名の日本人脚本家と韓国の監督、若手人気俳優がタッグを組んだもので、韓国SBS、テレビ朝日にて放送予定だ。昨年の報道以来プロジェクトの内容について注目を集めてきたが、先ごろついに暫定ラインナップが公表された。

・『天国の郵便配達人』脚本:北川悦吏子(『ロング・バケーション』)、出演:ジェジュン(東方神起)
・『石ころの夢』脚本:中園ミホ(『ハケンの品格』)、出演:チャ・インピョ
・『顔と心の相関関係』脚本:大石静(『四つの嘘』)、出演:カン・ジファン、イ・ジア
・『結婚式の後に』脚本:横田理恵(『ごくせん2』)、出演:キム・ソナ
・『トライアングル』脚本:尾崎将也(『結婚できない男』)、出演:カン・へジョン、アン・ジェウク
・『楽園』脚本:岡田恵和(『銭ゲバ』)、出演:キム・ハヌル、チ・ジニ
・『19歳』脚本:井上由美子(『GOOD LUCK!!』)、出演:T.O.P(BIG BANG)

……と、まさに旬の人材がそろった豪華な顔合わせ! 単独での出演は初めてとなる東方神起ジェジュンの演技も楽しみだ。

 ストーリーの詳細は明かされていないが、6月5日にはソウルで行われた「第4回アジア放送作家カンファレンス」で、ついにハイライト映像が公開された。関係者によると「テーマや作風の多様性はもちろん、映画のような美しい映像が見どころ」とのこと。また、この日出席した中園ミホは「日韓ともに不況が続いているが、希望を描くことで暗いムードを吹き飛ばしたかった」と参加した経緯についてコメントした。

 「テレシネマ」の撮影は4月ころから行われており、放送は10月を予定している。日韓の気鋭のスタッフが結集した作品がどんなものになるのか……多いに期待できそうだ。

『ハケンの品格』DVD-BOX

スーパー派遣社員に出会ったことがない

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 純粋すぎる役柄を射止めたウォンビンが、新作映画で”素”を披露!?
【関連記事】 クォン・サンウのカフェ、開店2週間ですでに閑古鳥……?
【関連記事】 日本でも大人気の東方神起、人妻への恋心を告白!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク