[女性誌速攻レビュー] 「an・an」12月17日号

「an・an」メソッド炸裂! 大そうじにも”血液型”と”心理テスト”

anannannananananna.jpg
「an・an」12月17日号/マガジンハウス

 今週の「an・an」は「完璧おそうじ&片づけBOOK」。年末らしいといえばらしい企画なんですが、ちょっと前にも整理整頓特集をやってませんでしたっけ……?(これ?) an・anの企画は恋愛・ジャニーズ・整理整頓・占いというローテーションなんでしょうか。とはいえ、「片付けられない女」のひとりである私……ちゃんと読み込ませてもらいました。今週の企画はこんな感じ。

◎ 手抜き派も、水回り徹底派も。2日間集中おそうじプログラム
◎ 幸せは、きれいな部屋に舞い込む!? 2009年版・開運クリーニング
◎ グズの人でも。手早く完璧! おそうじスピードアップ12のコツ


 冒頭は、an・an恒例アドバイス。「まず、いらないものを部屋から追い出せ。」というような「それが出来ればやってるよ……」ということから、「有給取ってでも好天を狙うべし!」という無茶な提案まで、ありがた~いアドバイスが満載です。

■ おそうじ嫌いへのマル秘アドバイス! 血液型×現状で知るクリーンアップ術

 こちらでは、これまたan・an恒例の心理テスト。血液型と心理テストの結果を掛け合わせると、自分のおそうじグセがわかるというものなんですが、そもそも冒頭の「血液型の基本性格と生活傾向をおさらい」で、

・A型 キレイ好きと評判のまじめタイプ。

と言われると、片付けられないA型としては、このテストの信憑性を疑わざるを得ません。ちなみに、他の血液型はこんな感じ。

・B型 自由を愛するマイペース人間。
・O型 明朗快活で社交性の高い行動派。四角い部屋を丸く掃く手抜き型。
・AB型 ハイレベルを目指す個人主義者。そうじはやりたいことを終えてから。

ということなんですが、みなさん当たってますか?

 肝心のおそうじ方法は、そうじ嫌いでも知ってるような基本的なことばかりで、実用性に関しては微妙です。が、読んでいると「年末大掃除しなきゃ!」という気持にだんだんなってくるので、そういう意味では実用的かも。

 そもそも、おそうじをするためにおそうじBOOKを買い、その本はゴミになるという行為が本末転倒のような気がしないでもないですね。わたしは今回も、前回の整理整頓特集と同様、「プロに頼む」一択でいきたいと思います。
(スライム坂口)

『CCP インテリジェントロボットクリーナー SO-Zi CZ-901R ホワイト』

完敗です。。。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 余計なお世話!? 今年”選ばれなかった”あなたの09年の過ごし方
【関連記事】 「おひとりさまで生きていくつもり?」 ananの特集が重すぎる!
【関連記事】 めざせ人を呼べる部屋!? 今こそお部屋アップグレード!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー