[ジャニーズ最新言行録]

KAT-TUN・上田も 若手ジャニーズのソロ舞台出演が増えているワケ

先日のソロライブ(記事参照)でも色々と波
紋を呼んだKAT-TUN・上田だが……

 先日、舞台『If or …』への主演が決まった関ジャニ∞・村上信五に続き、ジャニーズの若手アイドルたちのソロ舞台が次々と決定し、ファンの間で話題を呼んでいる。

 まずは、来年公演予定のNEWS・小山慶一郎主演の舞台『コール(仮)』。07年に『ハイスクール・ミュージカル』、08年に『ロス:タイム:ライフ』と主演舞台をこなしてきた彼にとって、今回は3年連続の主演舞台。はじめのころは、テレビと舞台の表現力の差に戸惑っていた彼も、公演を重ねるごとに着実に力をつけていると定評もあり、今回はどんな演技を見せてくれるか期待を集めている。


 また、来春には、KAT-TUN・上田竜也の主演舞台『ロミオとジュリエット』が上演される。今年、自身がプロデュースするソロコンサートで成功をおさめた彼が、今度は初の舞台で主演をつとめる。ファンへの案内には直筆で「初めての舞台で緊張しますが精一杯頑張りたいと思います。またこの舞台で表現力を学び、音楽に活かせたらいいなと思います」と綴った上田。テレビドラマを含めて、俳優経験がほとんどない彼が、シェイクスピアの古典名作をどう演じるのか、また相手役は誰なのか……ファンにとっては気になるところだ。 

 さらに来春は、関ジャニ∞・安田章大も舞台『カゴツルベ』で舞台初主演。今年2月に一人エンタテイメントショー『818』で、音楽、アートなど個性を生かしたオリジナル性の高い舞台を繰り広げた彼だが、今回は本格的な脚本を元に、いち演技者としての表現に挑む。

「ここ数年、ソロコンサートや単独の舞台がめじろ押しのジャニーズタレント。東京グローブ座という劇場を得たことで、少人数の公演もリスクなく上演できるようになったという経緯もありますが、加えて、それぞれのタレントがひとりで客を集められるだけの実力と個性を伴って来たということかもしれませんね」(事情通)

 実際、トニセンあたりのメンバーの舞台に比べて、NEWS、KAT-TUN、関ジャニ∞など若手メンバーのソロ公演は申し込みも殺到し、倍率も厳しいといわれている。

「テレビドラマなどからオファーが来ないタレントたちも、遊ばせておくくらいならなんらかの形で表舞台に出られた方が良い。切り売りすることである程度の収益が望めるのだから、事務所的にも一石二鳥というところでしょう」(同)

 今後も、ジャニタレたちのソロ公演の機会は増えそうだ。

【関連記事】 スキャンダル続出のKAT-TUN、上田竜也も……
【関連記事】 田口淳之介の熱愛報道のウラにある、もっとアブないウワサ
【関連記事】 田口淳之介、小嶺麗奈との熱愛報道に反省してビリヤード三昧

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク