[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

ジャニーズWEST『リア突WEST』、共演者の“裏話”が物議! メンバーのSNS事情をバラして「いい気がしない」とファン問題視

2021/10/27 08:00
サイゾーウーマン編集部
ジャニーズWEST『リア突WEST』、共演者の裏話が物議! メンバーのSNS事情をバラして「いい気がしない」とファン問題視の画像1
“神ちゃんのイイ話”で終わるはずだったのにね

 ジャニーズWESTが“身体を張って突撃取材する”というコンセプトのバラエティー番組『あなたの代わりに見てきます! リア突WEST』(テレビ朝日系)。2020年1月から今年9月末までは関西ローカルでの放送だったが、46年続いた長寿番組『パネルクイズ アタック25』の後枠として、今年10月3日より全国ネット(日曜午後1時25分~55分)に昇格した。そんな中、出演者の1人がジャニーズWESTメンバーに関する裏話をSNSにつづり、ファンの間で物議を醸している。

 注目を集めているのは、国立音楽大学の准教授を務める川島素晴氏のTwitter。同氏は深夜時代の今年4月10日放送回に登場していたが、10月24日のオンエアでは“助っ人”として収録に駆けつけた。なお、この日のメインゲストは、ゴミを楽器に変えて演奏する打楽器奏者・山口とも氏で、ジャニーズWEST・神山智洋、藤井流星とともに“廃品音楽祭”を開催。音階をゴミの中から探す役割として、絶対音感を持つ川島氏も参加したのだ。

 この放送直後の24日午後2時台、川島氏はTwitterで「#リア突WEST 色々と言いたいことありますが、とにかく、面白く仕上がっていて良かったです。一番うれしかったのは、藤井、神山のお二人も、覚えていて下さったこと」「ちなみに、再会シーンの後、川島先生ですよね、と、名前まで覚えていてくていたのです!」(原文ママ、以下同)と報告。「今回凄く感心したのが、藤井さんの順応力です」と明かしたほか、音階探しに苦労したことなど、収録の裏側を複数回にわたって投稿している。

「さらに、川島氏は放送でカットされた藤井の登場シーンを細かくレポートしたほか、待ち時間に神山から『いつも、むっちゃリア突のことつぶやいてくれてますよね』と声をかけられて驚いたと告白。さらに『これが何を意味しているのかというと。。。』と、神山のSNS利用を示唆するような言葉もつづられています。かつてのジャニーズ事務所は、ネット上の画像・動画の投稿に厳しい制約があった上に、タレントのSNSアカウント利用は事実上、禁止されていました。しかし、近年はグループ、タレント個人のSNSやYouTubeチャンネルの開設といったネット進出が盛んになっており、中にはSNSを使って『エゴサーチする』と公言している人もいます。とはいえ、基本的には公式アカウントを持っているタレント以外、自身のSNS事情を明かすのは“グレー”な行為だと認識しているファンが多いんです」(ジャニーズに詳しい記者)

ジャニーズWEST LIVE TOUR 2020 W trouble (Blu-ray通常盤)【Blu-ray】
スタッフは全国ネットに浮かれてんのか?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジャニーズWEST『リア突WEST』、共演者の“裏話”が物議! メンバーのSNS事情をバラして「いい気がしない」とファン問題視のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズwest神山智洋のニュースならサイゾーウーマンへ!