[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「Hey!Say!JUMPは知ってます。伊野尾さんは知らない!」『めざまし』ロケ中、伊野尾慧が一般女性の対応に「気持ちいい!」と爆笑

2020/12/03 19:19
サイゾーウーマン編集部
「Hey!Say!JUMPは知ってます。伊野尾さんは知らない!」『めざまし』ロケ中、伊野尾慧が一般女性の対応に「気持ちいい!」と爆笑の画像1
『めざまし』に200回出てるんだから覚えて~!

 Hey!Say!JUMP・伊野尾慧が木曜レギュラーを務める情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)が12月3日に放送された。

 この日の「いのおピクチャー」で公開されたのは、同日放送の「イノ調」で伊野尾が訪れた、群馬県の無人駅・土合駅での1枚。「日本一のモグラ駅」として有名な駅で、深さ70mのトンネル内にホームがあり、10分ほど階段を下りないと到達できないことから、このように呼ばれているのだそう。伊野尾はホームと改札をつなぐ長い階段をバックに、番組スタッフが手作りしたという、“モグラの顔”が描かれたヘルメットを被って笑顔を浮かべていた。

 「これ、階段ですよ? すごくないですか!?」と興奮気味に報告する伊野尾に、軽部真一アナウンサーは「洞窟そのものって感じがしますけどね」とその光景に驚いているよう。切符売り場を改装して作られたカフェで撮影した写真も披露し、「軽部さんもお休みの日、おすすめですよ!」と自信満々に勧める伊野尾だった。

 その後放送された「イノ調」では、11月4日発売の『日経トレンディ』2020年12月号(日経BP)が発表した「2021年のヒット予測」で、第1位に輝いた「無人駅&辺境グランピング」を伊野尾が調査。その中でも特に注目されているというのが、「いのピク」にも登場した土合駅なのだとか。

 伊野尾はモグラのヘルメットを被りつつ、土合駅のホームから改札までの計486段の階段を上ることに。「こんな出口遠い駅ある!?」と戸惑いつつ、途中ですれ違った女性客に「こんにちは~」と話しかける場面も。座って一休みしているその女性から「テレビに出ていらっしゃる方なんですか?」と聞かれ、「Hey!Say!JUMPの伊野尾です」と自己紹介するも、「Hey!Say!JUMPは知ってます。伊野尾さんは知らない!」と素直にコメントされてしまい、伊野尾は「こんなに軽やかに言われると、気持ちがいいね!」と驚きつつも爆笑していた。

 そんな出会いを経て、伊野尾は約10分かけて改札に到着。無人駅ではあるものの、改札横の切符売り場だった場所はそのままカフェに改装されており、人気スポットになっているとか。ここでは車掌になりきって“小芝居”を楽しみ、「こういう遊びもできますよ」と宣伝。さらに、駅のすぐ隣にオープンしたグランピング施設に向かい、併設されているサウナを堪能していた。こうして、土合駅を一通り楽しんだあとは「これはね、人気出る!」と断言し、「駅にキャンプ場がついてるだけかなって思ったんだけど、ちゃんと魅力がたくさん乗っかってる」と、駅とグランピング施設両方のよさを感じたようだ。

 ちなみに、今回の放送で「イノ調」は200回目を迎え、「1回1回、みなさんの記憶に残るロケができたらなと思います」と決意を新たにした伊野尾。ネット上では「200回おめでとう! 本当にすごい!」「伊野尾くんのリポート、毎回楽しいしタメになる。300回、400回と続いてほしいな」「もう200回なんて早い! これからも楽しみにしてます!」など、ファンから祝福や応援の声が飛んでいた。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/12/03 19:19
日経 TRENDY (トレンディ) 2020年 12月号 [雑誌]
すごいとこに目をつけるね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「Hey!Say!JUMPは知ってます。伊野尾さんは知らない!」『めざまし』ロケ中、伊野尾慧が一般女性の対応に「気持ちいい!」と爆笑のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズHey!Say!JUMP伊野尾慧のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL