フェミニスト座談会【前編】

「フェミニストって、なに?」座談会【前編】ネットでヒステリックで怖いと言われるのはなぜ?

左から、赤谷まりえさん、相川千尋さん、super-KIKIさん、宮越里子さん

  
 日本国内で「フェミニズム」や「フェミニスト」という言葉を耳にする機会が急激に増えている。一方で、「フェミニスト」に対し「怖い」「ヒステリック」「男嫌い」というイメージを抱いている人もいるのではないだろうか。フェミニズムって、一体何なのだろう。フェミニストって、何を目指している人なのだろう。なぜ抵抗感を抱く人がいるの? 「フェミニズム」に対する疑問のあれこれを、フランス語翻訳家の相川千尋さん、編集・ライターの赤谷まりえさん、フェミニズムZINE『NEW ERA Ladies』を制作しているデザイナーの宮越里子さんとsuper-KIKIさんに投げかけた。

【座談会出席者プロフィール】
相川千尋……フランス語翻訳家。スウェーデン発の女性器・生理コミック『禁断の果実 女性の身体と性のタブー』(花伝社)の翻訳を手掛けるなど、ヨーロッパの性関係書籍に造詣が深い。現在は、フェミニズムについてのコラムも執筆している。
赤谷まりえ……編集・ライター。日本とアメリカの大学でジェンダーを学び、女子中学生向け情報誌において同誌初となる“性のお悩み相談コーナー”を設け、思春期が持つ性への疑問の解消に努めた。
宮越里子……グラフィックデザイナー。「AERA×LUMINE」、あっこゴリラ・『GRRRLISM』、『ミュージック・マガジン』(ミュージック・マガジン)『ウーマン・イン・バトル』(合同出版)装丁など、エディトリアル、グラフィックデザインを中心に手がける。共同制作として、フェミニズムZINE『NEW ERA Ladies』企画・デザイン担当。
super-KIKI……2011年よりデモや抗議活動に参加しながら自分の身の周りに起きている問題から感じ取ったメッセージを、シルクスクリーンやステンシル等DIYツールを使いアパレルグッズなど身につけられるものに落とし込んだアイテムを中心に制作。『NEW ERA Ladies』ではイラスト、ファッション、漫画レビューを担当。

「女は怖い」と言われるのはなぜ?

――座談会を開くにあたって、Google検索で「フェミニスト」を入力してみると「女に甘い男」という説明が出てきました。

赤谷まりえ(以下、赤谷) 今でも「女に甘い男」イメージのままなんですかね、悲しいですね。

super-KIKI(以下、KIKI) たまに「僕はフェミニスト」っていう人がいて「おっ?」と思って聞いてると「ドアを開けるよ」みたいなことを言う人がいまだにいる。「フェミニスト=紳士的」みたいな……。

宮越里子(以下、宮越) 田原俊彦の「フェミニスト」っていう曲聞きました? えっと2017年か。フェミニズムについて独特すぎる解釈を乗せた曲で、「ナイトを気取って」「ビーナスのように 時に恥じらいを見せて」とか(笑)吹き出しちゃうけど、笑っていられない面ありますよね。ただこういうふうに勘違いしてる人が多いのは事実かもしれません。男性のフェミニストもいますけどね。

――一方で、ネット上を中心に「フェミニスト=怖い、ヒステリック」といったマイナスのイメージが蔓延しているように感じます。フェミニズムの本来の目標である“男女平等”の社会になれば、現在の男性優位社会で苦しむ男性も生きやすくなるのではないでしょうか。

KIKI 男性の中にも、もちろん生きづらさを感じている人はいて、フェミニズムが問題提起をしていることを共有している人もいます。そういう人たちとは絶対手を組んでやっていきたいし、やっていけるはず。ただ、男性中心社会の中で、敷かれたレールに乗っていることで得をしたり、それこそが正しいと思わされてきた男性たちにとっては、やっぱりそこに気づきたくないからこそ、それを問い直すフェミニストが怖いし、攻撃されたと思うんじゃないですかね。だから多分「怖い」って言われ続けているんだと思います。

赤谷 男性も自分の生きづらさを自覚しにくい社会だし、まだまだ言語化できていないと思います。

宮越 「男性が損をする」と思う人が結構いるのかも。例えば女性専用車両の話になりますが、「シェルター」のような機能がありますよね。地下鉄御堂筋事件をきっかけに性暴力の被害から守るために導入されたけど、「男はすごいぎゅうぎゅうのところに入れられて!」と文句を言う人がいる。どうしたら被害者を救えるのかっていう部分を忘れてますよね。

赤谷 車両が生まれた理由や加害側の問題をちゃんと分析しようとしない。数年前に池袋で痴漢撃退のキャンペーンをやっていたことがあるんですが、被害者の存在に近い女子高生がティッシュ配ってるんですよ。

全員 うわ~。ほんと気持ち悪い……。

赤谷 女子高生に配らすんじゃねえよ! 男子はどこ? みたいな(笑)ただ、今年度の埼玉県警鉄道警察隊のキャンペーンでは、男子高校生も参加していて、報道写真にもしっかり登場してたので、これからももっともっと、性暴力へ対抗する男性の姿を伝えてほしい。痴漢撲滅キャンペーンはまず加害者に近い男側から積極的にやらないといけないと思うし、「フェミニストがうるさい!」って言うなら、女性専用車両ができた背景を一回考えようって。あと、「加害者はなぜ、加害者になってしまうのか」という分析ももっと必要だなと。

宮越 加害者の背景を知ることは、根本的な解決策を探る意味で大事だと思う。

赤谷 けど加害性について真剣に語られることはほとんどないな、という憤りがある。性欲という一面もあるのかもしれないけど、じゃあなぜ「性欲が暴力に転化する男性」がいるのか。それはもっと男性側が本気で考えるべき問題のはずですが、そういう言葉はほとんどない。

宮越 原因が自分にあるって気づくことが怖いんじゃないんですかね。「なんか女怖い」「ヒステリックだから聞く必要ない」と言う方が楽ですし。被害を受けた側からすれば、ヒステリックで何が悪いの? と思いますけど。

相川千尋(以下、相川) うんうんそうそう。怒りを共有できてない社会の方が未成熟ですよ。

私のおっぱい戦争 29歳・フランス女子の乳がん日記
「怒り」についてきちんと考えたことがなかった!

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「フェミニストって、なに?」座談会【前編】ネットでヒステリックで怖いと言われるのはなぜ?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック