[女性誌速攻レビュー]「Seventeen」9月号

「Seventeen」上野千鶴子氏、無個性JKに「日本を支えるのはあなたたち」と女性学を説く!

2019/08/29 21:30
藤本なつき

上野千鶴子氏による、“10代向け”の「女性学」は全世代に突き刺さる

 最後に見ていくのは「女性学のレジェンドがST参上!! 上野千鶴子先生×花恋×ST読お悩み相談室」。東京大学名誉教授で、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワークの理事長を務める上野千鶴子氏と、STモデル・大友花恋と3名の読者モデルが、あらかじめ寄せられたST読者からの悩みに答える企画です。

 上野氏は同大学の平成31年度学部入学式の祝辞で、東京医科大不正入試の件に触れた上で、東大における女子入学者の比率が、長期に渡り「2割の壁」を超えていないことに言及。また、“東大ブランド”は男子学生には「自慢」になるものの、女子学生にとっては“そうではない”と語り、祝辞の内容に共感、感動する人が多くいる一方で、「祝辞にふさわしくない」といた意見も散見され物議を醸し、大きな話題になりました。そんな上野氏は、読者から寄せられた、「友達関係」「女性の学歴について」「学校生活」「家族との関係」といった相談内容に対して、「読者のかたから集まった相談内容を読んで、あぜんとした。だって私たちが悩んでいたことと、ほとんど変わらないだよ? まだこんな状況なのかって、がっくしきちゃったよね」と語っています。

 まず、友達関係について「女子はグループに属していないと、学校に居場所がない。ひとりでいると『変わってる』とかヤバイ人扱いされます」と悩む読者に、上野氏は「蛙の面に小便パフォーマンスで撃退して!」と、何をされてもしれっとした態度をとるようにアドバイスを送ります。そして、「友達なんていつでも捨てられるし、必要ならまたつくれるもの。いなくなっても悲しくない友達は、友達とは呼ばない!」と、ハッとさせられる強い言葉を投げかけていました。

 また、「料理や手芸が好きです。そのことで、友達から、『女子力高いね!』とか『家庭的アピールしてんの?』と言われることにモヤモヤします」という悩みに対して、「そもそも料理や手芸=女子力っていう公式がおかしいよね。男子でもできることなのに」と上野氏。さらに、「相手は、皮肉として言ってることだよね」「内心はどうであれ、にっこり笑って『じゃあ〇〇ちゃんもやったら?』って言い返すのが一番」と回答します。ST読者に限らず、“家事・育児は女の仕事”といったステレオタイプに苦しんでいる女性に向けても、「言い返す」というアドバイスは突き刺さるかもしれません。

 最後に「イヤなことをイヤ、好きなことを好きって、言っていいんじゃない?」「私はこれからの日本を支えるのは、『我慢をしない娘たち』だと信じてる。だからみんな、よろしく頼むよ!」と締めくくった上野氏。「ST」では頻繁に、友達からは嫌われないように、「日常生活やSNSの投稿内容にも気を使いましょう!」といった特集が組まれており、男性目線を意識した、「モテる、守りたくなる」といったファッションやメイクを紹介することもしばしば。もし、“無個性JK”のST読者が「窮屈な思いをして当たり前……」という価値観の中で生きているとしたら、「脱却する方法は、いくらでもある!」と語る上野氏の考え方を知ることは、生きやすくなるための大きな一歩なのではないでしょうか。

 今月号は一味違った「ST」。ST読者は男尊女卑を実感する機会が少ない、または気付いていないかもしれませんが、上野氏の考え方やアドバイスを心に留めておくことで、夏休み明けの学校生活に良い変化があることを願うばかりです。
(藤本なつき)

最終更新:2019/08/29 21:30
付録なし版SEVENTEEN (セブンティーン) 2019年 09月号 [雑誌]
読者の平均を集計って、編集部がうれしいだけじゃないの!?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「Seventeen」上野千鶴子氏、無個性JKに「日本を支えるのはあなたたち」と女性学を説く!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌レビューseventeenのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ