『テラハ』レビュー

【テラスハウスレビュー】自称マルチな俳優・翔平、「才能のなさ」が露見した仕事観論争

2019/06/02 20:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman
『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』(Netflix先行配信)公式サイトより

 見ず知らずの男女6人が、シェアハウスで共同生活する様子を記録したリアリティ番組『テラスハウス』。現在、Netflixにて「TOKYO 2019-2020」が配信中で、ファンは個性豊かな面々の恋愛模様を、一喜一憂しながら、固唾を呑んで見守っている。そんな『テラハ』を愛する“テラハウォッチャー”が、5月の配信分から、グッときた“名(珍)シーン”をピックアップし、思いのままにレビューする。

初対面で「凝ってるんだね」(第1話) 

 イラストレーターの香織、俳優の翔平、女優の春花(前の芸名は竹富聖花)、ミュージシャンでバンド「SPiCYSOL」のボーカルである健司、フィットネストレーナーの莉咲子、アルバイトの流佳。東京編のスタートを任された新メンバー6人が、リビングで顔を合わせた。

 個性が現れにくい初対面の段階で、一人異彩を放ったのが春花だった。登場するなりタメ口で、4歳上の香織の太眉を「すごい、いい眉毛してる」といじる。また、副業でイラストを描いているという健司から、作品をまとめたインスタグラムを見せられると、「凝ってるんだねー」とだけ評した。

 こういう場面は大抵、本心はどうあれ「うまいね」「いいね」などと言ってしまうもの。春花の「凝ってるんだね」という言葉のチョイスからは、彼女の嘘がつけない性格が伝わってきた。

 初日の夜、翔平が女子3人を前に「俺、香織ちゃんに興味があるんだけどさ、強く」と香織をデートに誘った際も、「どうして私じゃないのよ」と言いたげなオーラを隠さず放っていた春花。趣味が車やゴルフのため「おじさんの友達が多い」と言い、オヤジたちの中心でちやほやされることに慣れている様子。オヤジほどちやほやしてくれない同年代との共同生活の中で、今後、台風の目となる可能性を感じさせた。

テラスハウス クロージングドア ディレクターズ・エディションDVDBOX
来年まで生きる意味ができたよ、「テラハを見る」っていう

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

【テラスハウスレビュー】自称マルチな俳優・翔平、「才能のなさ」が露見した仕事観論争のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビュー『テラスハウス』レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!