眞子さまと小室圭さん母子を取り巻く過激報道は、人を殺しかねない

平成最後の1年間、まさか秋篠宮眞子さまと小室圭さんのご結婚をめぐるトラブルが、ここまで皇室を揺るがすことになるとは、誰が予想したであろうか。未だに解決のめどがたたず、報道は過熱するばかりだ。

 さかのぼること2017年9月、眞子さまと小室さんはご婚約会見を行ったが、12月に「週刊女性」(主婦と生活社)が、小室さんの母・小室佳代さんの金銭トラブルを報じた。これによってにわかに雲行きは怪しくなり、2018年2月には宮内庁が「ご結婚の2年半日延べ(延期)」を発表。8月には、問題を残したまま小室圭さんの3年間の米国留学が決定する。11月、秋篠宮殿下は小室さん方に対し「それ相応の対応」を求め、現状では結婚にあたる納采の儀を行えないと明言なされた―――。

 時系列のみを追ってもこの目まぐるしさだが、この間、各週刊誌は皇室の動向や眞子さまのお気持ち、そして小室さん親子の“スキャンダル”を書き立ててきた。佳代さんの400万円の借金トラブルの相手と見られる元婚約者の登場にはじまり、新興宗教の噂、父親の死因、そして派手すぎるサングラスなど……とりわけ佳代さんには、マスコミの過剰な視線が向けられてきたと言ってもいい。

 たとえば今年9月、「女性セブン」(小学館)は佳代さんが“失踪”したと、その近況を報じた。横浜の実家周辺、パート先にもパタリと顔を見せなくなったという。さらに10月にも、同誌は小室さんと佳代さんがいなくなった自宅マンションに汚物が投げ込まれたという謎の事件も伝えている。

 婚約会見から小室さんの自宅マンションの前にはポリスボックス(警察官の派出所)が設置されていたが、小室圭さんの渡米で警察官がいなくなった途端、マンションの郵便受けから郵便物が盗まれる、玄関付近に犬の糞尿が撒き散らされるといった事件が勃発したという。小室さん親子に反感を持つ者の犯行であることは想像に難くないが、その“反感”を強めた背景に、過熱しすぎた週刊誌報道があるだろう。

 12月20日発売の同じく「女性セブン」では、<小室圭さんと消えた母 眞子さまと破談で解決金と暴露会見>なるタイトルの記事を掲載している。秋篠宮殿下が「それ相応の対応」と発言され、ご婚約の実現がいっきに遠のいた直後だったが、記事によれば、皇室は小室さん親子が会見を開き、これまでの経緯を暴露することをなによりも憂慮されているという。さらに皇室としては小室さん側が結婚辞退を申し出るのを望んでいるが、佳代さんが金銭での解決を要求するのでは……との可能性まで示唆している。税金を原資とする皇室のお金で解決することに国民の理解は得られない。どちらに転べども、皇室は小室さん親子に心を砕かれる、ということだ。

 これまでの週刊誌報道から、佳代さんには異常なイメージが植えつけられてきた。前掲「女性セブン」でも、「佳代さんと圭さんは大学生のときも同じベッドで寝ていた」「佳代さんの人生は息子が生きがい」などのエピソードが盛り込まれている。ちなみに、佳代さんの現在の消息については、近隣住民が「つい最近も自宅に化粧品やサプリメントが届けれらた」と証言したことから、自宅に引きこもっているようだと伝えているが……つまりは、記者が四六時中張り付き、佳代さんが不自由しているということではないか。

 佳代さんに対するメディアの異常な執着は、12月27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にも顕著だ。こちらも本旨は小室家の借金問題だが、やはり佳代さんの人となりに関する取材には余念がない。

 記事では、佳代さんの小中学時代の同級生を直撃し、幼少の頃のエピソードや家庭環境までも明らかにされている。さらに、例の元婚約者が個人的なメールのやりとりを晒し、佳代さんから「レディ・ガガの『ポーカーフェイス』みたく生きられたらどんなに良いかしらん」などというメッセージが送られてきたことを明かしている。佳代さんもレディ・ガガを聴くのかあ、というだけの話だが、この文脈では佳代さんの“奔放さ”がとりわけ強調される。

 小室さん親子にまつわる報道は、いったいいつまで続けられるのだろうか。眞子さまとの婚約が暗礁に乗り上げてしまった今、破談以外の着地点も見つからない。

過剰な取材行為=メディアスクラムで小室さん親子を追い込むマスコミ
 社会的に関心の高い出来事についてマスコミが過剰な取材を行うこと、またそれによって取材対象者がプライバシーや生活を脅かされる被害を、「メディアスクラム」(集団的過熱取材)という。ラグビーの試合で、選手がスクラムを組んで集中攻撃をする様子に似通っていることからつけられた。

 日本での事例を挙げれば、1994年の松本サリン事件において、多数のメディアが河野義行さんを犯人と決めつける報道をしたことや、1998年の和歌山カレー毒物混入事件で、容疑者とされた林真須美被告の自宅をカメラが連日取り巻き、近隣住民から苦情が相次いだことなどがあった。

 いずれも事件取材ならば、曲がりなりにもジャーナリズムという大義名分があった。だが小室さん母子への過激な報道は、常軌を逸している。

 念のため断っておくが、小室さん母子は犯罪者ではない。公人でもない。眞子さまとの結婚が成されないうちは一般市民だろう。たとえば佳代さんが女手ひとつで圭さんを育て上げてきた思いや苦労を記事にして伝えたとしても違和感があるが、プライベートを侵食し異常な親子というイメージを作り上げる記事の数々はもっとおかしい。彼らにも私生活があり、さらに眞子さまとの婚約の可否に関わらず、その後の人生が続くことを考慮すべきではないか。

 過激な報道を通して、世間は眞子さまと小室圭さんのご婚約への後ろ暗いイメージや、佳代さんに対する好奇のまなざしを養われた。まるで、小室さん母子が“国賊”であり、どんな扱いや謗りを受けても仕方ない、というような雰囲気がまかり通る現状は、はっきり言って異常であり、人を殺しかねない危険性をはらんでいる。それともまさかメディアは、小室さん母子が何をどれだけ書き立てられても傷つかず屈することもない、それこそ“異常”な存在だと認識するだけの根拠を持っているのだろうか。

最終更新:2019/01/02 20:00

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

眞子さまと小室圭さん母子を取り巻く過激報道は、人を殺しかねないのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!