[連載]30代女子の「煩悩部屋」ビフォーアフター【煩悩003-10】

【動画アリ】ゴミだらけの部屋は「枯れている」!? 汚キッチン&ダイニングの断捨離ビフォーアフター!

 20代の捨てられない思い出、過去の恋愛、三日坊主のアイテム、蓄積された趣味のコレクション、不安の数だけ溜まるストック商品……。収納ライター・ito makiが、30代・女性のひとり暮らしにありがちな、モノと煩悩に支配された“汚部屋”を一掃。ゴミという名の過去を捨て、心ごと汚れを洗い流し、願いが叶う“悟り部屋”に変えていきます!

【煩悩003-10】汚キッチン&ダイニングの断捨離ビフォーアフター(Eさん・32歳)

 引き続き、第3回目のクライアント・東京都世田谷区の2DKに住むEさん(32歳)のお部屋です。

 前回は「キッチンテーブル」の周辺をとことん処分しました! 

 シンクやコンロ周り、収納、吊り戸棚、キッチンカウンター……これまで、5回にわたって片付けてきたEさんのキッチン・ダイニングでしたが、ようやく全てが片付きました。

 ですから今回は、キッチン全体の【After】を紹介していきましょう。

 

まずは、キッチンテーブルの「before」

 モノがあふれるばかりで、住人の”気配”がありません。気配のない部屋は、息苦しい雰囲気です。

【Before】人の気配がない部屋は、枯れています

 住人の”心”が生きていないと、部屋も枯れます。枯れた部屋は、住人さえも立ち寄らず、悪化していくばかり。せっかくの神棚が、まるで封印のように見えていました。

 ちなみに、筆者にも部屋が枯れていた時期がありました。その頃はやはり「負の引き寄せ」が凄まじく、空き巣被害にも遭いました。

 このように、手に追えない範囲まで膨らんだら、彼女のように「人の手」を借りてください。ここまでモノが溢れると、ひとりでは頑張りきれません。

【After】片付ければ、こうなります

【After】何がドコにあるか、見渡せるように!

 Eさんの「手放す覚悟」で、部屋が生き返りました。

 印刷物の山に埋もれた大型家具を処分して、ベッドルームにあったスチールラックを活用しています。モノの散らかり方から推測して、Eさんの「苦手なコト」を避ける収納の仕組みを作ったのです。

ここまで捨てるとスッキリするわ~!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

【動画アリ】ゴミだらけの部屋は「枯れている」!? 汚キッチン&ダイニングの断捨離ビフォーアフター!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 汚部屋ito maki30代女子の「煩悩部屋」ビフォーアフターのニュースならサイゾーウーマンへ!