[連載]30代女子の「煩悩部屋」ビフォーアフター【煩悩003-9】

 汚部屋30女が“収集癖”と卒業!? ゴミに埋まる「キッチンテーブル塚」を徹底断捨離!

 20代の捨てられない思い出、過去の恋愛、三日坊主のアイテム、蓄積された趣味のコレクション、不安の数だけ溜まるストック商品……。収納ライター・ito makiが、30代・女性のひとり暮らしにありがちな、モノと煩悩に支配された“汚部屋”を一掃。ゴミという名の過去を捨て、心ごと汚れを洗い流し、願いが叶う“悟り部屋”に変えていきます!

【煩悩003-9】「キッチンテーブル」の周辺を、とことん断捨離!(Eさん・32歳)

 引き続き、第3回目のクライアント・東京都世田谷区の2DKに住むEさん(32歳)のお部屋です。

 前回は「キッチンカウンター」を、使いやすく整理しました。今回は、キッチンカウンターの隣にある「キッチンテーブルまわり」を片付けます。

【Before】どこがテーブルか、わかりますか?

 これは、キッチンテーブルです。

 太陽光が眩しい昼間に撮影しているのですが、どんよりとした暗さを感じる写真です。奥には神様の御札や文字だらけの貼り紙があり、ちょっとした怪しさすら漂います。

 この部屋には、筆者とEさんの2人しかいないのに、モノの密度のせいか圧迫感があり、汗が吹き出てきました。

 

 もう少し引いたところから、このキッチンテーブルを見てみましょう。

【Before】イスもありましたが、すべてモノに侵されています

 遠目に見ると、かろうじてテーブルの気配が見て取れます。

 先の【煩悩003-1】でも紹介したように、彼女は本来、美意識高め女子です。

 モノの持ち方で人物像も見えるといいますが、上質なモノを好む女性だからこそ、普段の生活もキレイに暮らすことができるはず。

 モノとの関係、散らからない仕組み、居心地の良い空間を見直して、自然にキレイを持続させましょう!

御札はこういうのに置くべきなのかしら

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

 汚部屋30女が“収集癖”と卒業!? ゴミに埋まる「キッチンテーブル塚」を徹底断捨離!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 汚部屋ito maki30代女子の「煩悩部屋」ビフォーアフターのニュースならサイゾーウーマンへ!