[ジャニーズ最新言行録]

NEWS・小山慶一郎、首筋に“思いっきりキスマーク”をつけてコンサート出演の過去告白!

よっ、お二人して絶好調!

 NEWS・小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)にて、小山が過去に“キスマーク”をつけたままライブ出演していたという衝撃の過去を明かした。

 10月30日深夜放送回のゲストは手越祐也。メンバーに対して文字通り“噛む”クセがあるという手越だが、リスナーから噛み癖は「ストレスからフラストレーションが溜まっている」「(相手を)好きすぎる」「相手に甘えたいというかまってちゃん」「自分の愛情の強さを伝えたい」「相手の愛情の深さを確かめたい」「2人の関係に自信がある」などの心理が隠れているというお便りが届く。これについて、手越もストレスが原因のもの以外はほとんど当てはまっていると答え、小山も「手越に一番ハマってるのは『相手に甘えたいというかまってちゃん』の心理だと思う」と分析。

小山は、2017年3月に放送された『ザ少年倶楽部プレミアム~in 沖縄』(BSプレミアム)のロケで、手越になかなかの力で噛まれたことがあるそうで、「君に噛まれた3日後くらいに肩痛ぇなって。で、風呂入って鏡見たら、完全にさ“歯型”がついてた」と振り返り、また場所によっては“キスマーク”と勘違いされてしまう場所を噛まれたこともあったという。

すると、当事者の手越が、

「昔覚えてる? ツアーのときに。俺、忘れないもん。俺と山Pさん(山下智久)で小山さんのこと抑え込んで、山Pさんが両方の手を抑えて、俺が首に吸い付いて。なんか俺キスマークつけるのになんかハマってて、小山さんの首に吸い付いたのよ。しかも(コンサート)本番前の楽屋で。で、思いっきりキスマークついたんだよね」

と、500円玉程の大きさのキスマークを小山につけたと告白。コンサートが始まる何分か前の出来事だったようで、小山は「そのまま出たんだよ、俺。その後、ファンデーションをパパっと塗って……」と、キスマークを隠してライブに出たのだとか。ファンに余計な心配をかけないようにファンデーションとコンシーラーを使って、必死に隠してたといい、「曲でハケるごとにコンシーラーつけてさぁ。なんだよ、あのコンサート」と相当大変な思いをしたようだ。

 このエピソードに、ファンからは「山Pが押さえつけて、手越がキスマークつけるってすごい画」「手越、6人時代からそんなことばっかやってたんだなあ」「山Pも協力してたなんて最高」など、山下が在籍していた時代のエピソードに沸き立つ声が続出。ほかにも「コヤテゴ尊すぎ」「これは良いエピソード」と、ファンはさまざまに反応していたのだった。

 これで小山は、今後“キスマーク”をつけていたとしても「手越がつけた」と言い訳ができるかも?
(華山いの)

人生、楽しんでるね!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

NEWS・小山慶一郎、首筋に“思いっきりキスマーク”をつけてコンサート出演の過去告白!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズNEWS小山慶一郎のニュースならサイゾーウーマンへ!