大物が動いた?

V6・岡田に続き玉木宏も――相次ぐ「配達ミス」に芸能界の“重鎮”がとうとう激怒のウワサ

tamaki
玉木宏オフィシャルサイトより

 昨年のV6・岡田准一と宮崎あおいに引き続き、日本郵便の“誤配送”によって、結婚が予定より早く広まってしまった玉木宏。あってはならないミスにより、本人が希望したファン・ファーストの結婚報告が、完全に失敗に終わってしまったわけだが、玉木のバックに控える“芸能界の重鎮”も、怒りを隠さなかったという。知られざる日本郵便と“重鎮”によるバトルとは――?

 玉木と木南晴夏の結婚は、6月21日に複数のスポーツ紙がスクープ。しかし7月11日発売の「週刊新潮」(新潮社)によれば、玉木は6月18日、ファンクラブ会員向けの結婚報告の郵便物を渋谷郵便局に依頼し、配達日は28日を指定していたという。郵便物は3,000通余りで、この一部が配達ミスにより、一部ファンクラブ会員に届いてしまったそうだ。

「メッセージは玉木の直筆によるもので、木南との歩みやファンへの感謝のほか、『日頃から支えて下さっている皆様には、マスコミの方より先にお伝えしなければと思い、こうして書面での、突然のご報告になりましたこと、お許しください』などと書かれていたそう。誤配により、玉木の配慮は完全に打ち砕かれてしまいました」(週刊誌記者)

 これには玉木や木南の所属事務所も、おかんむりだったというが、日本郵便は当初、ミスを認めようとさえしなかったのだとか。「週刊新潮」でも、玉木のファンクラブ関係者が謝罪を求めるも、日本郵便から回答はなく、ファンにだけでも謝ってほしいと依頼しても、なしのつぶてだったことが報じられている。

「この事態に誰よりも怒りを隠さなかったのは、“芸能界の重鎮”と呼ばれる大手芸能プロ・ケイダッシュの幹部です。彼は玉木の事務所関係者と親密な間柄で、キャスティングなど仕事での関わりもあることから、玉木側につく形で日本郵便と話し合いをしていたのです」(芸能プロ関係者)

 ファンへの謝罪すら受け付けないという日本郵便だが、当初、玉木側の事実確認に対して、誤配があったことさえも認めなかったのだとか。

「『調査はしてみます』というだけで、いつまでも回答をよこさないことから、“重鎮”は『損害賠償を視野に入れている』と迫った。そこでようやく、『3件の配送ミスが確認された』と認めたということです。“重鎮”の加勢がなければ、日本郵便は自らのミスをバックレかねなかったということで、芸能界中で『日本郵便を利用した、日時指定でのファン報告は危険なのでは』と言われるようになっています」(同)

 この件をきっかけに、ミスの改善はもちろんのこと、日本郵便の体質にこそ、前向きな変化があることに期待したいところだが……。

日本郵便、もうちょい頑張ってよ

しぃちゃん

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

V6・岡田に続き玉木宏も――相次ぐ「配達ミス」に芸能界の“重鎮”がとうとう激怒のウワサのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 男性タレント芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック