結婚生活11年目の夫と9年間セックスレス、不倫中。「夫への気持ちは変わらない。口説き落とした彼とも別れたくない」/リュウコさん45歳

フリーカメラマンで都内在住のリュウコさん(45)。お気に入りの飲食店で同じく常連客だった男性と意気投合し、1年半の交際を経て結婚11年目。交際開始からずっと2日に1回のペースで行っていた夜の営みは、結婚生活3年目からピタっとなくなり、現在に至るまで9年間セックスレス。はっきり覚えていると言うセックスレスになったキッカケとは? 「変わらない」という夫への気持ちと、口説き落とした年下の不倫相手との恋愛で揺れ動く気持ちを伺いました。

――家族構成を教えていただけますか。

「33歳から1年半交際しました。『同棲しようか』の話の流れで『だったら、籍入れちゃうか』と結婚しました。主人は7歳年下だから、結婚当初は26歳。結婚してから11年目なので、私は45歳、主人は38歳。子供はいません」

――おふたりのお仕事は?

「私はフリーランスのカメラマン。主人はベンチャー企業の経営者です」

――フリーランスと経営者、おふたりとも生活時間が不規則なのでは?

「その日その時の仕事内容によって違います。1週間ずっと自宅のパソコンで作業してる時もあるし、撮影のために地方に出掛けていて数日間、家を空けることもあります。主人は、就業時間は10時間くらいかな。週に1日は休暇がありますが、ふたりの休日が重なるのは月に1日くらい。

ふたりとも美味しいお店を見つけるのは好きだから、休日が重なったときは、興味あったお店に食べに出掛かけたりします。ひとりの時は、録画予約してたドラマを観たり、近所の顔見知りの店に飲みにいったり。ふらっと日帰りで旅行に行ったりしています」

――お付き合いしている時から、デートの日程を合わせるのは大変だったのでは?

「デートは近所だったから私が彼のところにしょっちゅう行ってましたけど、旅行は付き合ってる1年半で2回、国内で行ったくらい。彼は会社をスタートさせたばかりだったからお金もないし『旅行なんてあり得ない』っていう感じだったけど、私が一緒に行きたかったから2回の旅行は私が手配して、プレゼント的な感じでした。甘やかしましたね(笑)」

――ご主人は、「甘やかされてる」と感じていたんでしょうか。

「引け目や負担は感じてほしくなかったから、『私が出すから』とも言いたくなくて……あんまり覚えてないけど『行きたいから、ついてきて』みたいな感じに言ってたのかなぁ。でも彼もこっそり甘えてたんだと思う。時間が経って彼の会社が軌道に乗ってからは、彼が私の分も負担してくれるようになったのですが、『あの時のことを覚えていて、返してくれてるのかな』って」

――現在、家計管理はどうされていますか?

「賃貸マンションですが、結婚当初から家賃の3分の1を彼に貰ってます。っていうのも、私は自宅作業もするし荷物はほとんど私のもの。主人はほとんど荷物を持たない人だったから。そのほかの公共料金などは、私が支払ってるかな。それはある人が出せばいいと思っています」

――家事分担の振り分けは?

「特に決まりはないし、主人が率先して家事をすることはないけど、掃除やゴミ捨てはお願いしたらやるっていう感じです。でも、主人は料理が得意なので、ふたりの休日が重なるときは、作ってくれることも多いですね」

◎1度の拒否から、主人は求めてこなくなった

――なかなか休日の時間が合うこともないおふたりですが、セックスをする時間はありますか?

「セックスは、結婚してから2年間はしてましたね。最初は2日に1回くらい。それからお互いに仕事で疲れていたりで1週間に2回とか、1週間なかったりとか……回数は減ってもセックスはしていました。でも、結婚して3年目からかな? もうセックスしてない。セックスレスですね」

――というと、9年間セックスレスということになりますね。何かキッカケはあったんでしょうか。

「“あの日からだな”と、はっきりと覚えています。1回だけ主人が求めてきた時に拒んだんですよ。私が疲れてたのか眠かったのか、『今日は、いいや』って、はじめての拒否。それが傷ついたのか、拗ねちゃったような鼻息は聞こえた記憶があるんだけど(笑)。それから、彼から求めてくることはなくなりましたね」

――リュウコさんから誘うことは?

「私はその頃、主人とセックスしてて濡れなくて痛みを感じてたんです。もともとはすごく濡れるタイプなのに。私の中で、ドキドキとか主人に対して性的興奮が薄れたんだと思う。それは普通のことだと思うけど、私が主人の体を求めなくなったのは“性交痛”を感じるようになったから、かな。でも、気持ちは変わってないから、いつも傍にいることで精神的には満たされています。ディープキスとかじゃなくてふざけて『チュー!』みたいな感じでキスもするし、ハグもします」

――ご主人に対しての性欲は消えてしまったんですね。

「はい、“主人に対しては”ね。性欲はありますよ。彼としてなくてもオナニーはしてたし、実際のセックスも興味がなくなったことはない……っていうか、好きですよ」

――では、セックスしたい時はオナニーで解消しているということですか?

「いるんですよね、彼が」 

◎年下の彼を口説き落とした

――不倫相手がいるんですね。どれくらいお付き合いされてるんでしょうか。

「仕事の関係で知り合った会社員で、現在30歳。付き合うようになってから3年くらいです」

――15歳年下の彼氏との出会いはなんだったのでしょう。

「私は外部の人間でしたが、同じプロジェクトのチームの一員として出会いました。よく会話はしていたけど、タイプでもないし魅力を感じていたわけじゃなかったんです。ある日、急に彼がプロジェクトから外されることになったんですよね。それで落ち込みながら私に報告してきたことがあって。落ち込んでる彼を見てたら私も悔しくなって、はじめてメールで<今日奢るから、飲みに行こう>って誘ったんです」

――ふたりだけで会うのは、それがはじめてだったんでしょうか。

「そうです。ただ、誘ったときも恋愛感情は抱いていなくて。飲みに行ったら印象がすごく変わったんです。あまり話す人じゃないと思ってたのに、よく笑うしよく話す人だったんですよね。それで気付いたら始発まで飲んでる、っていうのが何回か続いて……彼との居心地がよくて『あれ? これ私、好きかも』と思うようになったんです。っていうか、1回目の飲みでそういう予感を感じたから、何回もふたり飲みを繰り返してたんでしょうね。そして私から口説き落としました」

――先程、セックスレスでもご主人に対しての気持ちは変わらないと言っていましたが。

「今でも主人とは常に会話をするし、主人がポソッと言うことで笑い転げることもあるし、家族であり友人であり大切な人であることは変わらない。主人と不倫相手の彼は、性格も正反対」

――たとえば?

「私は旅行が好きだから『こういうところ行きたいねぇ』っていうのを、主人は『行ってきな~』って見送る人。彼はその場で調べてくれたり、自分から行きたい場所を提案してくれる人。あと、主人は付き合ってる時から、私の名前を呼ぶことってないんですよね、『ねぇ』とか『あのさ』とか。だけど、彼はすごく名前を呼んでくるとか、そういう小さいところだったりするんですけどね。彼は、主人には感じなくなった恋愛感情の部分を埋めてくれた相手だった。恋愛のドキドキを求めてたんだろうなぁと思います」

――ご主人の場合“呼ばなくなった”わけではなく最初からそういう方なんですよね?

「最初は、私の好きな気持ちのほうが勝ってたから、言葉足らずな部分も名前を呼ばれないのも、全然気にしてなかったんだと思う。そのうち、私が欲しがり出して“こんなに尽くしてるのに”とか“私は言葉で伝えてるのに”っていう気持ちが溢れてきちゃってたんだと思います。そういう自分の気持ちを伝えても、『うんうん』って微笑んで終わるっていう感じですね」

――それは、不倫相手の彼と出会ってから気になりはじめたんでしょうか。

「いや、そういう気持ちは早くからあったと思います。実は、今の彼の前にも結婚生活11年の間に1年くらい恋愛関係にあった、という人が何人かいるんですよね。セックスがしたかったという以前に、彼に感じている不満を埋めてくれる人を求めていたのかもしれない」

――ご主人以外の男性と関係を持つようになったのは、セックスレスになってからですか?

「そうです。セックスしなくなってから」

――ご主人と定期的なセックスを続けていたら、不倫はしてなかったと思いますか?

「してなかったと思う。集中して彼だけを見ていたと思う。ただ、あの時拒否していなくても、性交痛を感じていたことで、結局セックスレスになっていたんじゃないのかなぁとも思います」

◎どっちとも別れたくないけど……

――ところで、心の隙間を埋めてくれた今の彼は、リュウコさんがご結婚されていることは知っているんですか?

「出会った時には既婚者だと知っていたので、彼に気持ちを伝えても『無理!』って断られました。何回も玉砕してたけど、飲みの誘いには応じてくれるから『どっかで絶対、落とせるな』と確信していたところがあって(笑)。だから、とにかく口説いてました。まず一軒目のお店では姉さんとして、仕事のアドバイスとか説教とかするんだけど、2軒目のバーで口説きモード。いつもこの繰り返しで半年間くらいかけて口説き落としました」

――どう口説いたんですか。離婚をほのめかしたとか?

「ほのめかしましたね。口説いてた時も、彼には主人と別居してるようなことを言ってたし。ズルいですよね。でも、70%は本当に離婚したい気持ちはあったんです。主人は大事な人だってわかってるけど、このまま一緒にいて、私どうなんだろうなって考えたんです。それだけ彼のこと好きになってたってことなんですけど」

――離婚をほのめかされて、リュウコさんの言葉を信じ、お付き合いがスタートしたんですね。

「そう。でも、彼は女性に慣れていないというのもあって、セックスするまでも長い道のりだった。ある時、私が珍しくて飲み過ぎて泥酔した時に、彼がホテルを調べて部屋を取ってくれたことがあって。私は泥酔してたのにホテルの部屋についた瞬間に目がパチッって覚めちゃって(笑)。その気は満々だったんだけど、部屋にふたりなのに相手はネクタイも外さないし、もう“何もしません”って言う感じ。でも、そのときに服を着たままだけど、横で抱き合って寝てくれたんですよ」

――添い寝フレンドってやつですね。不倫交際なのにセックスしないって……珍しい関係ですね。

「添い寝だけなのに、すっごい幸せを感じて。でもそのまま朝まで何もしないで横で寝てくれただけ。徹底してキスすらやらなかったんですよ、彼は。でも、その出来事からは急接近して早かった気がします」

――どのタイミングで最初にキスしたんですか。

「飲んだ帰り、公園のベンチに彼が座ってるときに、上から抱きしめて私からキスしたの。その時に彼は拒まなかったから『キタキタキター!』って思って(笑)。結局、付き合いはじめてから1年後くらいにようやくセックスしました。だから、付き合いはじめて3年だけど、セックスするようになってからは2年くらいですね」

――彼とは、どれくらいの頻度で会ってるんですか?

「最初は夜中でも少しでも時間があれば、タクシーで15分くらいの距離にある彼の家に行ってました。でも、1年前くらいかなぁ? 彼の部署が変わって忙しくなって。いっぱいっぱいだったのか、LINEも既読スルーだったり相手から連絡もなくなって半年くらい連絡なかった。自然消滅しようとしてるなと思って『そういう奴だったんだ』と思って腹が立ったり、落ち込んだリしたんだけど、サッパリ忘れよう! と決めたんです。でもその半年後に急に電話かかってきて、『戻りたい』という感じの話をしてきて」

――忘れられなかったんですかね。

「そのとき、彼は仕事の依頼で私に連絡しなくちゃいけない状況だったんですよ。それがなければ『戻りたい』なんて言ってなかったんじゃないの? と思ったから、最初は拒否したんだけど……、どこかで待ってたんだと思う。でも、そういうことがあったからか『満たされないなら、いらない』っていう気持ちになっている自分もいるんですよね」

――半年間途切れて、復活してからはどれくらいの頻度で会ってますか?

「気持ちが通じ合ってると思うことも少なくなったから、最近はすごい少ないですよ。月に2回くらいかな」

――仕事してる者同士なら、特別少ないわけじゃないようにも思いますが。

「私はもっと会いたい。週に1回とか。最近、愛情が足りないなぁと感じることが多いんですよね。以前は、急にLINEでスタンプ送ってきたりして、可愛かったんですよ。でも今は、次に会う約束の時くらいしか連絡がないし、彼の自宅から帰るときは外まで送ってくれていたのに、玄関で見送るだけになったりとか……。まぁ最初のラブラブ期間と同じ行動がずっと続くわけないのもわかってるんですけどね」

――とはいえ、彼に離婚をほのめかしつつ、リュウコさんは結局今も離婚には至っていません。

「当たり前のことですけど、彼との付き合いも長くなってくると彼の悪いところやクセも見えてくる。そうすると主人と彼と比べるようになっちゃったんですよね。お互いのいいところ取りをしているから、未だにどっちつかずなんです。どっちも大切だと思うし、別れたいとは思わない。でも、後ろめたさを感じる自分もいるから、どっちかとは別れた方がいいのかなとは思っている……って、心の中で繰り返してるんですけど、なかなか……」

***

旦那さんに不倫がバレないのが不思議なほど、情熱的に恋愛しているリュウコさん……“いいところ取りのどっちつかず”は、まだまだ続きそうです。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

結婚生活11年目の夫と9年間セックスレス、不倫中。「夫への気持ちは変わらない。口説き落とした彼とも別れたくない」/リュウコさん45歳のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!