スピリチュアルライターが警鐘!

日本史上に残る「恨み」が!?  怒りの魂が眠る、素人が“行ってはいけない”パワスポ

2017/09/17 19:00

危険なパワースポット2:学問の神様も危険度◎

<危険なパワースポット2:学問の神様も危険度◎>

◎天満宮、天神社(全国各地):道真公を祟り神として祀る。春日神社との相性×

 受験生の多くが「天神さま」に合格祈願をするだろう。天神さまは天満宮や天神社に祀られている場合が多く、学問の神様として知られている。その天神さまである菅原道真公は、藤原氏でなければ出世できなかった時代、右大臣まで出世したとびっきりの秀才。しかし実は、初めから学問の神だったわけではなく、当初は祟り神として恐れられていたのである。

 道真公は藤原時平に妬まれ、大宰府に左遷された。その地で悲嘆の日々を送って亡くなると、京の都では怪しい事件が続いた。まず、疫病の流行。そして落雷で死者が続出し、その多くが道真公の左遷に関わっていた政敵だったため、「祟りである」と道真公を雷神(天神)として祀る場所が日本各地に建立されたのだ。繰り返しになるが、菅原道真公を陥れたのは藤原時平。御霊神社と同じく、春日神社関係のお守りは持っていかないようにしよう。

<危険なパワースポット3:関東随一の祟り神>

◎神田明神(東京都千代田区):平将門公を祀る

 関東の祟り神では、なんといっても平将門公が有名だ。太平洋戦争の後、GHQが東京・大手町にある将門公の首塚を移動させようとしたところ、不審死が相次いだのは有名なエピソードだろう。そんな強いパワーを持つ将門公が祀られる神田明神は、真摯に祈ればご利益は抜群だが、怒りに触れると恐ろしい祟りがあるといわれている。境内に落書きしたりして傷つけるのはもちろん、なんの気なしに落ちていた木の実を持ち帰った参拝者が、不幸に見舞われたという話など、因縁話には枚挙にいとまがない。

 これらの貴人たちの過去はどうあれ、現在は御祭神として信仰の対象だ。失礼のないように参拝したいものだ。

最終更新:2017/09/17 19:00
パワースポットには行くな! 本当はやってはいけないスピリチュアル
パワスポより厄払いに大枚払うタイプでしょ?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

日本史上に残る「恨み」が!?  怒りの魂が眠る、素人が“行ってはいけない”パワスポのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! スポットのニュースならサイゾーウーマンへ!