深志美由紀インタビュー

「駆け落ち」「熟女パブ」「別居婚」……波瀾万丈の女流官能作家が語るSMの扉を開いた男

2014/10/12 19:00

――“SM”というのが深志さんの中で1つテーマとしてあるのでしょうか。

深志 まず私自身がMなんですが……。Mの女性は「父親との関係に問題があるのではないか」「与えられるべき父性が欠如しているのではないか」というのが、私の永遠のテーマ。恋愛関係において男性と主従関係になるというのは、「守ってもらう」ことだと思います。父子の間では当たり前の行為、例えば「叱ってもらう」などを、幼い頃に受けていなかったり、逆に虐待されていたり……そんな幼少期に父性の欠けた環境にいた女性が、Mには多いのではないかと昔から感じていました。よく、縄で縛られたいと願うのは、「きつく抱きしめられたいからだ」といわれていますよね。

 私も問題のある家庭に育っています。母が再婚したんですが、義理の父とウマが合わなかったというのがトラウマなんです。義理の父は、血のつながっている連れ子の姉にはとても優しいんですが、私や母親とは血縁がないので、圧力をかけることで束縛しようとしていたんですね。

bisyokunohousyu.jpg
『美食の報酬』(講談社)

――Mの女性に興味がある一方で、男より優位に立つ女の方にあこがれているというのは、どういうことでしょうか?

深志 男女関係でマウントを取ることと、性的にSになることはイコールではないと思います。私は、主人公の女性に対して年下の男の子を書くことも多いのですが、「虐げられたい気持ち」と「男性を守りたい気持ち」は両立するのか、というのをテーマに書きたいんです。男性は、「性的にMの女性ならば、日常生活も男尊女卑でいいのでは」という意見の方が多くて……ムカつきますよね(笑)。私はセックスではMだけど、自立した女でいたい。だから男の人は私が守るべき少年を書くことが多いんですね。

――深志さんご自身の恋愛歴を教えてください。2度結婚されていて、最初の結婚は24歳の時と聞いていますが、ずいぶんお若いですよね。

深志 先ほども言った義理の父が男尊女卑の激しい人で、「女がひとり暮らしするのは危ない」というのが当たり前だったため、とにかく早く結婚して家を出たかったんです。家を出たいがために結婚したようなものですね。高校生の頃から彼氏ができるたびに、「結婚する」って言ってました(笑)。最初の夫は出会い系サイトで知り合った男性で、駅前にビルを持っていて、家賃収入で食べている人でした。5年くらい続きましたね。私が朝帰りしていても怒らない、穏やかで優しい同い年の人でした。

――2度目の結婚となった、今の旦那さんとの出会いは?

深志 前の夫と結婚している時期に出会って、2年くらいは友達でした。最初から「いいな」とは思っていましたね。結局、結婚中に付き合いが始まり、2週間で駆け落ちをしました(笑)。私、同時進行ができないタイプなので。デートをして、初めて2人でお泊まりをしたんですが、前の夫にその言い訳するのが面倒だったんですよね。嘘を重ねることを想像すると、良心の呵責に耐えられない! と思って。ここでやめるか、突き進むかどうするかと考えた時に、今の夫が私を「帰したくない」と言うのでついて行くことにしました。前の夫からしてみれば、青天の霹靂ですよね。思いついたら、すぐにそのことをやりたいという性格なんです(笑)。

『美食の報酬(講談社文庫)』
芸の肥やしになる男はイイ男だと思うわけ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「駆け落ち」「熟女パブ」「別居婚」……波瀾万丈の女流官能作家が語るSMの扉を開いた男のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー深志美由紀美食の報酬のニュースならサイゾーウーマンへ!