[流行りモノ小町がゆく]

超濃厚ジンジャーエール「n.e.o」をプロの作ったカクテルで試飲してみた

bar_top.jpg
こちらが「n.e.o」。プレゼントもあります!詳細は以下より。

 ジンジャーエールが生姜の炭酸飲料だと初めて聞いたときは、「え?マジで!?」というくらい意外な感じがしたものですが、ちょっと前にウィルキンソンなどの辛口ジンジャーエールが流行ってからは、バーなどでも”生姜っぽい”味のジンジャーエールに一定のファンがついているようです。

 しかし、上には上がいました。

 今回編集部が目をつけた「n.e.o プロフェッショナルプレミアムジンジャーエール」は、その名の通り、プロのバーテンダーのために作られた超・ハイクオリティなジンジャーエール。その生姜風味の濃厚さたるや、魚の煮付けに使えそうなほどです。


 そのまま飲んでみてもいいのですが、せっかくなので、実際にプロのバーテンダーさんにカクテルをつくってもらい、従来のジンジャーエールとの差を比較してみることにしました。

 今回カクテル作りをお願いしたのは、サイゾーオフィスのご近所にある、道玄坂のバー「TRINITY」。いきなりのお願いだったにも関わらず、「おもしろそうですね!」と、ノリノリで引き受けてくださいました。

bar_shop.jpg

TRINITYの店内。ファッション誌の撮影にも利用されるほど、雰囲気があるオシャレなお店です

 早速、バーテンダーさんにカクテルを作ってもらいました!

bar1.jpg

バーテンダーの中村さん。物腰が柔らかくて笑顔がステキな店員さんでした♪

bar2.jpg

今回作ってもらったのは、ジンジャーエールカクテルの定番・モスコミュール
比較対象は、ウィルキンソンの辛口ジンジャーエールです

bar3.jpg

ライムを搾った上に、ウォッカを注ぎ入れます

bar4.jpg

そしてメインのジンジャーエールを投入

bar6.jpg

これで出来上がり

mosuko_wil.jpg

こちらがウィルキンソンで作ったモスコミュール
普通のモスコに比べてだいぶ色が濃いです

mosuko_neo.jpg

黄色っ! てか濁りすぎ!! 向こう側がまったく見えません
n.e.oのほうは、なんだかグレープフルーツジュースみたいな色合いですね

mosuko_ryouhou.jpg

並べてみると、その差は歴然。とても同じカクテルには見えません

 
 早速、試飲させていただきました!

 まずはウィルキンソン。辛口というだけあって、一口飲んだだけで生姜の濃い味が口いっぱいに広がります。でも、味はスッキリしているので、ツンと鼻に抜ける感じ。通常のモスコミュールに比べるとずっと生姜っぽいですが、後味は残りません。辛口な分、爽快感が心地よいです。

 さて、お次はいよいよn.e.oで作ったモスコミュールをいただきます。

 まず一口。

 …………………………………。

 …………………………。

 …………………。

 …………。

 ……。

 甘っっ! モスコミュールが甘い!!

 そして次の瞬間には、もぎたての生姜を丸かじりしたようなツンとした濃厚な味わいが口の奥まで広がり、ノドを焼きながら胃袋へと流れていくのがわかります。……って、あれ? なんかだんだん身体があったまってきた。アルコールのせいではなく、生姜湯を飲んだときのような、あのジンワリと身体の芯から温まっていく感じです。

 濃厚なだけに、飲んでしばらくしても口の中に生姜の風味が残ります。これは確かにスゴイと言わざるを得ない。今までのモスコミュールの概念をひっくり返すような深い味わいです。

 せっかくなので、バーテンダーさんにも飲んでもらいました。

siin_neo.jpg

気になるプロの感想は……?

「うん、通好みの味ですね。すごく個性が強いので扱いは難しそうですけれど、ファンは必ずつくと思いますよ」

 なんでも、昔のモスコミュールは、今に比べてかなり味が濃かったらしく、そういう昔ながらの味を再現することもできそうだとか。

 と、ここで中村さんが何かひらめいたようで……

shandhigafu.jpg

ジャーン! シャンディガフを作ってくれました

 おおっ、これはすごい合う!

 普通、シャンディガフって、「ビールのちょっと甘いやつ」っていう印象なんですが、コレは生姜の風味がビールの苦みとうまくマッチして、新しい味わいを作りだしています。まさに”生姜ビール”という感じ。ジンジャーエールが濃厚なので、若干の甘みは残るのですが、ビールの爽快感がいっそう引き立ちます。

 他のスタッフさんにも飲んでいただきましたが、男性陣はシャンディガフ、女性陣はモスコミュールがお気に入りの人が多かったようです。

 ということで、カクテルにしてもその強烈な個性が際立っていたn.e.oですが、個人的にはそのままグラスに注いで飲むのもオススメ。身体がポカポカあったまるので、冷え性の人は夜寝る前に飲むといいかも。

 お値段は、6本セットで税込945円とお手頃。基本的には業務用に卸しているそうですが、こちらの販売サイトで注文できるほか、一部の百貨店などで一般向けに販売しているようですよ。ジンジャーエール好きなら、一度は飲んでおくべき一品であるということは、間違いないでしょう。

 今回、製造元のはかた寿賀やさんから、サイゾーウーマン読者向けに特別にプレゼントをいただきましたので、一度飲んでみたいという方はぜひご応募ください!

■「n.e.o プロフェッショナルプレミアムジンジャーエール」6本セット×5名様にプレゼント!

このプレゼントは締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

neo.jpg

n.e.o プロフェッショナルプレミアムジンジャーエール
 「美味しいモスコミュール作りたい」というプロのバーテンダーからの要望に応えて作られた、プロフェッショナル仕様のジンジャーエール。もちろん、そのまま冷やしてもジュースとして美味しくいただけます。
(販売)はかた寿賀や 
〒812-0037 福岡県福岡市博多区御供所町4-3 
TEL:092-281-3261 FAX:092-281-3262
※購入はこちらの公式サイトより

shopgazou.jpg

ダイニングバー TRINITY
東京都渋谷区道玄坂 1-17-9 P&A PLAZA B1(地図
TEL : 03-5458-0475
LUNCH TIME :月–金 11:30-15:00
DINNER TIME : 月–土 18:00-24:00
CLOSE : 日・祝日休(貸切パーティー可)
通常営業65席 貸切 着席70名 立食150名
公式サイト

「オーガニックジンジャー」

通の間では有名な一品

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「冬の濃厚杏仁豆腐」ほか ampm秋の新作スイーツ試食レビュー
【関連記事】 ミスドのフロッキーシューほか新商品3種試食レビュー
【関連記事】 ウェンディーズ「キャラメルマロンパフェ」試食レビュー

参考:GIGAZINEのレビューもオモシロイですよ
濃厚な味付けでほかのジンジャーエールが水のように感じられる「n.e.o(ネオ)プレミアムジンジャーエール」を試飲してみた

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

超濃厚ジンジャーエール「n.e.o」をプロの作ったカクテルで試飲してみたのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 流行りモノ小町がゆくお酒ドリンクアイテムのニュースならサイゾーウーマンへ!