【うわさの会見場から】

ジャニーズ“肖像権タブー”で一悶着――Mr.KING・平野紫耀、「怒号飛んだ」CM会見の舞台裏

1704hiranokr
平野紫耀の腹筋はもはやCG

 マスコミ関係者の間で、「今最も注目を集めているジャニーズJr.」(アイドル誌ライター)といわれるMr.KING・平野紫耀だが、出演CMの記者発表会の現場で、マスコミを大困惑させる出来事があったという。

 平野は4月13日、都内で大塚食品のビタミン炭酸飲料・マッチの新CM発表会にゲスト出演。制服姿で登場し、会場に招待された約150人の女子高生から、黄色い歓声を浴びていたそうだ。

「平野は登場するなり、『どう、オレ、制服まだ大丈夫?』と呼びかけ、観客を沸かせるなど、“盛り上げるツボ”を心得ている様子。トークでも、CMで共演した元プロレスラー・天龍源一郎から、“逆水平チョップ”を受け、『痛っ、軽トラにひかれたみたい。倒れそう……』などと必要以上に派手な悶絶パフォーマンスを行い、観客のハートをがっちりつかんでいました。マスコミ関係者からは、『NEWSの手越祐也に通じるような、ファンサービスに長けたJr.だね』といった声も出ていましたよ」(同)

 終始ファンたちの熱気と歓声で大盛り上がりの会見だったようだが、イベント後のマスコミ向けフォトセッションで、ある問題が起こったという。

「ジャニーズタレントは、ウェブ媒体での写真掲載がNGのため、この日も天龍のソロカットの撮影が行われたのですが、いったんステージを離れた平野の替わりに、イベントスタッフが気を利かせたつもりか、平野の顔写真が写ったCMポスターを天龍の隣に掲出したのです」(スポーツ紙記者)

 たとえポスターであっても、ジャニーズタレントの写真はウェブ掲載がNGである場合がほとんど。そのため、マスコミからは「(ポスターを)どけた方がいいんじゃないの?」「写真が使いにくくなるだろ」「どけて!」などと怒号が飛び交ったという。

「イベントスタッフが慌てて確認し、『ウェブ媒体でも、ポスターの写真は使ってもいいそうなので』と説明し、ようやくマスコミは落ち着きました。平野は昨年、『ジャニーズ・フューチャー・ワールドfrom帝劇to博多』で博多座最年少座長を務め、また今夏からMr.KINGの冠番組が放送開始になるなど、目下売り出し中のジャニーズJr.だけに、ジャニーズも案件によっては、徐々に写真規制を緩めてきているようですね」(同)

 そんなこととは露知らず、その後、オフィシャル向けにファンをバックにした記念撮影では、涼しげな顔をしていたという平野。大人の事情に巻き込まれることなく、今後も活躍してくれることに期待したい。

ジャニーズ名物の「影人間」文化も廃れていくのかしら

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズ“肖像権タブー”で一悶着――Mr.KING・平野紫耀、「怒号飛んだ」CM会見の舞台裏のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! Mr.KINGジャニーズジャニーズJr.のニュースならサイゾーウーマンへ!