「東京ろう映画祭」ディレクター・諸星春那さんインタビュー

“社会的弱者のお涙頂戴”は狙いではない——「東京ろう映画祭」初開催の意図とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「東京ろう映画祭」ディレクター諸星春那さん

 4月7日から9日まで東京・渋谷ユーロライブで開催される、第一回「東京ろう映画祭」。ろう者のスタッフが厳選した、ろう者出演のドキュメンタリー映画や監督作の上映、今まで日本語字幕がなかった邦画の字幕付き上映ほか、さまざまな企画も予定されている、ろう者のカルチャーを紹介する映画祭だ。今年初の開催ということで、同映画祭のディレクターでアーティストでもある諸星春那さんに、映画祭誕生の経緯やどのような意図があるのかなど、お話を伺った。

■日本映画は字幕がないから、ろう者は見られない

――2017年に初めて開催される「東京ろう映画祭」。映画祭開催のきっかけは、どのようなことだったのでしょうか?

諸星春那さん(以下、諸星) 一緒にディレクションを担当した牧原依里と3~4年前に知り合ったのですが、2人ともろう者で、彼女は実写映画を撮っていて、私はコマ撮りのアニメ作品を作っていました。私はフランスに関心があって、ヨーロッパ最大のろう芸術祭があると聞いて見に行ったのですが、牧原はイタリアのローマで開催された、ろう国際映画祭へ行っており「日本でもあんなふうに、ろう映画祭ができればいいね」と話していました。最初はお茶を飲みながら、軽い気持ちで話していたんですよ。「日本映画は字幕がないから、ろう者は見られない。日本でろう映画祭やるときは、字幕を付けよう」なんて、2人で構想を練っていました。

 当時、牧原は自分の監督作品『LISTENリッスン』に取り組んでおり、私もその仕事のお手伝いをしていました。映画が公開されて一息ついたとき、「東京ろう映画祭」をやるなら今かな、という気持ちに傾いていました。

――諸星さんも牧原さんも、映画祭を主催するのは初めてですよね。どうやって進めていかれたんですか?

諸星 牧原が映画『音のない世界で』の配給に関係していて、映画業界のことがある程度わかっていたこと、私はブリジット・ルメーヌ監督の作品が気になっていて、どうしても見たい、映画祭で上映したい作品があったこと、もちろん牧原にも上映したい作品がたくさんありました。そういう思いが一致して、「映画祭、やろう」ということになったんです。本格的に始動したのは『LISTENリッスン』の上映が落ち着いてから。最初は2人から始まり、同作に関わった広報担当者さんたちもチームに入ってくださって、計4人で映画祭の準備を進めていったのです。海外の映画を上映することについては、それぞれが公式サイトの問い合わせ先や作品のフェイスブック、メールを通して連絡を取り合い、作品上映の許可などを進めていきました。

みんなが「涙の感動作」を求めてるわけじゃない

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

“社会的弱者のお涙頂戴”は狙いではない——「東京ろう映画祭」初開催の意図とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー映画のニュースならサイゾーウーマンへ!