「語りたがる奴」続出系のドラマと見た

松たか子『カルテット』初回9.8%! 「から揚げとレモン」シーンが視聴者離れの要因に?

0118_karutetto_1
『カルテット』(TBS系)公式サイトより

 松たか子主演ドラマ『カルテット』(TBS系)が、1月17日から放送開始となり、初回の平均視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 同ドラマは、偶然出会った4人の男女が弦楽四重奏(カルテット)を組み、秘密に満ちた共同生活を送るというラブサスペンス。初回では、ヴァイオリン奏者の巻真紀(松たか子)と別府司(松田龍平)、ヴィオラ奏者の家森諭高(高橋一生)、チェロ奏者の世吹すずめ(満島ひかり)の4人がカラオケボックスで出会い、カルテットを組んだ経緯、そしてライブレストランでの演奏に至るまでのストーリーが描かれた。

「“共同生活モノ”のといえば、食生活が原因で起きるトラブルが定番ですが、『カルテット』も初回からその様子が描かれました。4人が食卓を囲むシーンで、から揚げにレモンを勝手にかけたとして、家森がキレ始めるんです。しかもそのキレ方というのが、『レモンするってことはさ、不可逆なんだよ。二度と元には戻れない』『レモンするかどうか聞くっていう文化にはさ、2つの流派があって』など、やたらと独創的かつ長い。このシーンには、『コントみたいで面白い』という声が上がる一方、『意味がわからない……』という声も出ていました。脚本の坂元裕二氏は、よくこういった会話劇を書くといわれており、視聴者の中には『から揚げとレモンのくだりが苦手と感じた人は、肌に合わないドラマだと思う』と指摘する人もいました」(芸能ライター)

 『カルテット』が放送されているのは、前クールに『逃げるは恥だが役に立つ』が大ヒットしたTBS系火曜午後10時枠だけに、その視聴率動向にも注目が集まっている。

「初回9.8%と、残念ながら2ケタ発進には失敗しましたが、『逃げ恥』も初回は10.2%だったので、この先どうなるかはまだわかりません。『カルテット』は、エンディングの主題歌『おとなの掟』を、松ら主要キャスト4人が歌うことでも注目されており、『逃げ恥』の“恋ダンス”のように人気が爆発すれば、視聴率も右肩上がりになっていく可能性はありますよ」(同)

 今後、4人それぞれが片思いするという展開も予告されている『カルテット』。視聴者の心をつかみ、『逃げ恥』に続くヒット作となれるのだろうか。

みんなあっという間に星野源を忘れて高橋一生に乗り換えるんでしょ?

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

松たか子『カルテット』初回9.8%! 「から揚げとレモン」シーンが視聴者離れの要因に?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性タレント芸能ウラ情報視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!