チ○コなぞかけの達人・紺野ぶるま!「ハンガーとかけて、チ○コと解く。そのこころは?」インタビュー

「芽吹きました~!」からはじまる「チンコなぞかけ」を得意とする、今いちばん注目の女芸人・紺野ぶるまさん。なぞかけだけでなくコントやモノマネにも意欲的に取り組み、昨年には初の単独ライブも開催されています。当初はモデルに憧れていたという彼女が芸人の道を歩みだしたキッカケはなんだったのか。

養成所のお笑いコースを受ける勇気はなかった

――まずスタイルの良さに目を奪われます。もともとモデルとして活動されていたんですよね?

ぶるま どこかに所属していたというわけではなくて、友達の紹介で代官山のモードなショーとか出たりもしましたけど、今の事務所に入る前の19歳頃にちょっとだけですね。モデルさんって華やかでかっこいいなぁって、漠然とした憧れがあって「やりたーい!」って軽いノリだったんですけど、今考えると世間を知らなすぎでした。実際にちゃんとモデル業をしている人たちを目の当たりにして、あまりにレベルが違い過ぎて「何で軽々しく言っちゃったんだ、私」って本当に恥ずかしい気持ちですよ……。

――現在は、芸人さんが多数所属する松竹芸能に所属されていますが、芸人になろう!と決断したキッカケはなんだったんでしょう。

ぶるま いや、全く決断できていなくて。私がテレビでお笑い番組を見ていたときは、『あらびき団』(TBS系)や『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)の最前線で、ハイキングウォーキングの鈴木Q太郎さんとか、くまだまさしさんなどが活躍していました。もともと芸人さんやお笑いも大好きで、自分でもやってみたかったけど「お笑いタレントコース」に行く勇気はなかったんです。でも、他のコースでもタレントとしての勉強もできるし、機会があればネタ見せの場を見ることもできるかなぁと思って、当時、松竹芸能の養成所にあった「女性タレントコース」(現在は大阪校のみ)に応募しました。

――松竹芸能さんの養成所に決めた理由はなんでしょう。

ぶるま 養成所も学費がかかるんですが、有名な吉本興業さんの当時の学費は45万円くらいで、松竹芸能は30万円くらいだったんですよ。松竹芸能も由緒ある事務所だし、安いほうが助かるってことで決めたんですけど(笑)。それで芸人さんたちのネタ見せの場に行かせてもらった時に「私もネタを書きたい!」っていう思いが強くなりましたね。面白くなくてもとりあえず書く! っていうことから挑戦していきました。

――その当時のネタを、オフィシャルで見せる機会はあったんですか?

ぶるま その時は、地元の友達を無理矢理誘って、コンビとして事務所のライブに出させてもらったんです。その時のネタは……2人で紺色のブルマを履いて、食パンを挟んで「ハミパンしてるよ」っていうネタだったんですよ。2回くらい舞台に立ったんですけど、「ひとりでやった方が面白いと思うよ」って即効でその友達が辞めちゃって……。それから2人のネタを1人でやるようになったんですが、名前だけでも覚えてほしくて「紺野ぶるま」として活動をすることにしました。

チンココールに乗せられて誕生した「チンコなぞかけ」

――お笑い芸人としての芸歴はどれくらいですか?

ぶるま 8年ですね。

――今や「チンコなぞかけ」でテレビ出演されることが多いですが、コントも継続中なんでしょうか。

ぶるま やってますよっ! 昨年の夏もお台場で野外ライブがあって、コントをしました。一昨年はチンコなぞかけをやったんですけど、お昼だし子供連れの家族の前だったこともあって、どっちらけだったので今年はコントに変更したんです。ま、それもどっちらけでしたけど(笑)。それでも続けています。

――「チンコなぞかけ」で注目を浴びるようになったわけですが、なぞかけに目覚めたのは、なぞかけの先輩芸人・ねづっちさんがキッカケだと伺いました。

ぶるま そうです、ねづっちさんがMCを務めた女芸人ライブがあって、ねづっちVS女芸人でなぞかけで戦おう! というコーナーに出たんですよ。そこで生まれてはじめて、なぞかけをしたんですが、ねづっちさんが「上手だね」って言ってくださって。その時はまだ、チンコと解くわけじゃなく、普通のなぞかけですが。その後、ものまねタレントのコージー冨田さんが毎月やってらっしゃるライブに呼んでくださって。というのも、実はコージー冨田さんもなぞかけが好きで、ライブではものまねだけのときと、なぞかけ大会のコーナーがあるときがあるんですけど、そのなぞかけ大会のときに呼んで下さって。

――「チンコと解く」に辿り着いたのは?

ぶるま なぞかけ大会に呼んでくださった当初は、1分半の間に何個のなぞかけができるかっていう、「低クオリティハイスピードなぞかけ」っていう、下手でもいいから個数をこなすというコーナーがあったんですよ。限られた時間の中でバンバンお題を出されるから、本当に緊張しちゃって。そして、お題で「ハンガー」って出されて、咄嗟に「チンコと解きます! どちらも“かけます”!」って言ったら、会場にいたお客さんたちもお酒が入ってることもあって、めちゃくちゃ盛り上がったんですよ。それでコージー富田さんからは「もう全部、チンコと解け!」と言い出すし、お客さんも一斉にチンココールしてるし(笑)。そこから後のお題を、なんとか全部チンコで解くことが出来て、優勝させていただきました。コージー冨田さんは続けてライブに呼んでくださっているんですが、今4連覇中です!

――以前、伊集院光さんもラジオ番組で紺野ぶるまさんのネタを絶賛していました。

ぶるま 伊集院光さんとは、一昨年にあったBS12トゥエルビで放送中の『伊集院光のてれび』という番組のオーデションではじめてお会いしたんです。伊集院さんは、もともと落語家の方だからなぞかけがすごい好きだったり、何かの番組で私のことを知って下さったみたいで「チンコで解くなんて、すごいね~!」って言ってくださって。それから、「チンコでなぞかけする女芸人がいるんだよ~」ってご自身のラジオで話してくださったり、女芸人を集めて飲みに行くときには声をかけてくださったり、ありがたい大先輩です。

――ぶるまさん自身、もともと下ネタには抵抗なく?

ぶるま コントの時もちょっとだけ下ネタをしてましたけど、実は直接的なものはあまり好きじゃなくて。なんか変なこだわりというか、自分の中では線引きがあって。だから、「チンコなぞかけ」も最初はあまり披露していなかったんですが、ねづっちさんが私のことをテレビで紹介してくださって、そこから仕事を頂くようになりました。

――テレビで下ネタ全開に。

ぶるま いえいえ、チンコという言葉は発してますけど、しっかりと“なぞかけ”という芸をしているからいいという、自分の中での線引きは今もあるんです。ただ「男性が喜ぶ」、という理由でチンコと言ったり、直接的なアダルトワードを発したりっていうのは、私はすごく嫌いなんですよ。

――性的に見られたくない?

ぶるま その気持ちはすごく強くありますね。自分の中にある線引きを説明するのも難しいし、チンコという言葉を使っている時点で矛盾してると思う方もいるかもしれないですけど、チンコという言葉に対してじゃなくて、ネタとして出来たものに「おぉ」って言われたいんですよ。ちゃんと、芸として笑いにできる下ネタをやりたいんです。

――なぞかけって、歴史もあるし内容も深いですし、知識も必要だと思うんですが。

ぶるま 私自身、ワードのストックはたくさん用意しておくようにしています。今までやってきたなぞかけの中で、エグすぎた……というよりわからなかった人が多かった、というのは「どちらも吹くでしょう」っていう、男性の潮吹きでしたなぞかけ。キョトンというか、「へぇ~吹くんだぁ~」ってそこで知った方がいたみたい。そういう攻めたものも続けたいですが、ほとんどの人がパッと聞いて理解できるようなワードをもっと増やしたいですね。

――テレビのお仕事では、オンエア上、下ネタの単語で気をつけるように注意されることはあるんでしょうか。

ぶるま バラエティ番組では「チンコ」という言葉自体に電子レンジのチーンって音が入ってることが多いと思うんですが、以前あるテレビの仕事でディレクターさんから「チンコ」はいいけど「チンポ」は言わないでって念押しされたことがありましたね。ネタの最中も今まで「チンポ」なんて言ったことは1度もないのに、頭の中で“チンポはダメ、言わないように”って思ってたら、変な強迫観念にとらわれたのか、「チンポ」って言っちゃって……すんごい怒られましたねぇ。収録だったからセーフでしたけど。生放送だったら……と思うと震えます。

30代で深みのある「芽吹き」を目指す

――昨年の1月に初の単独ライブ「ぶるま、夜の新宿でかけまくり」を開催されましたが、客層、ファン層に偏りはありますか?

ぶるま 男性6:女性4くらいだったと思います。思っていたより女性の方も多く来て下さって嬉しかったですね~。年齢層は平均したら30代の方が多かったのかなぁ。90分間やらせていただいたんですけど、なぞかけがメインで、今まで作ったネタとライブのために作った新ネタ合わせて、6本のコントもやりました。私がセクシー女優に扮したコントとかもあって、後輩芸人にブリーフを履いてもらって、AV男優役として出演してもらいましたね。早いものであれから1年くらい経ちますが、今年も1月に単独ライブ「お願い…たまたまぶらぶらしていたことにして」を開催しますよ!

――今年も新年早々の単独ライブ開催が決定とはお仕事順調ですね。ぶるまさん、昨年30代に突入したんですよね?

ぶるま そうなんですよ、そうだ! 30歳になってたんだ~! 27歳くらいのときは30歳になるっていうことが、何だか怖かったんですよ。20代前半がすごい楽しかったし。でも29歳後半になったときに、よりよい30代を過ごすために準備をしなきゃな、と切り替えたんですけどね。「あ~あ」と思いながらも。

――「あ~あ」は、ため息ですか?

ぶるま 20代でチンコなぞかけするのと、30代でチンコなぞかけするのでは、意味も違ってくるのかなぁ、みんなどう思うんだろうなぁって。若いから「チンコ」って言ってても笑えるのかなぁとか。年を重ねるとただイタいだけかなぁとか。

――年を重ねるからこそ、芸に深みが出てくるかもしれないですよ。

ぶるま 確かに! チンコなぞかけに限らず、そうですね。よし、深みのあるなぞかけにしなきゃな。情緒のある「チンコなぞかけ」を。

――深みのある写真集とか。以前「亀甲縛りスイムウエア」と名付けた水着で、グラビアのお仕事をされたこともありましたが、グラビアのお話がくることはないんですか?

ぶるま たまにお声がけはいただいたりするんですけど……あれも、水着でセクシーに! というよりは、背景には女芸人たち数名での企画がそもそもあってやらせていただいたんです。普通に私の写真集なんて恥ずかしいですよ。30代で私のレベルだったら、途中でバストトップを出して、最終的にお尻出さなきゃいかないかもしれないし……チンコネタをやっていて、ただでさえ心配しているであろう両親をこれ以上傷つけたくないですよね……これ以上は。

――ご両親からは何か言われます?

ぶるま 今はもう何も言われないですけど、そりゃ娘が「チンコチンコ」言ってたら最初は色々と戸惑ってたと思いますよ。

――そういえば、ぶるまさんの幼少期は、書道、英語、スポーツ、音楽と数々の習い事をされていたそうですが……ズバリ、お嬢さまなんですか?

ぶるま 全然違いますよ! 本当に親が子煩悩でやらせてくれてた感じです。でも、ピアノも10年近くやらせてもらいましたが、本当に何も弾けるようにならなくて。一緒に通ってた子は、ショパンとかベートーベンとかどんどん上達して弾けてるのに、私だけ上達せず。ピアノの先生が、キレイな女性の先生だったんですけどその先生と話すのが楽しくて。ピアノの練習よりも、話してる時間の方が長かった気がします(笑)。英会話も、ECCジュニアに4年間くらい通わせてもらって、英検3級取得したけど話せるわけじゃないし。実になってる習い事がひとつもないですね。長いこと通わせてくれたのにねぇ……。

――でも今や、単独ライブで男女ともに支持されている娘さんですから、子煩悩なご両親は応援してくださってるでしょうね。

ぶるま 今はもう、明るく元気に生きてくれればいい、犯罪さえ犯さなければ。っていう想いみたいです。それこそ伊集院さんのような影響力のある方々が私の話をしてくださったりしてるんで、両親も「ま、いっか」みたいな感じだと思います。

「チンコ」と解いてもらった

――今後、30代の女芸人として、新たにチャレンジしたいことはありますか? たとえば、宣伝ツールとしてたくさんの芸人さんたちがYoutubeをやっていますが。

ぶるま 一応、Youtubeのチャンネルは事務所に作ってもらったんですけど……そういえば動画あげてないですねぇ。以前、動画共有アプリのVineで撮影した6秒動画をYoutubeにアップしたら、1万人くらい見てくれてたんですよ。すごくないですか? 何も拡散してないのにこんなに見てくれてる! ってすごい感動したんですよ。 ユーチューバーのチャンネルにゲストとして出させていただいたりはしてるんですけど……。

――それほど感動したのに更新していないと。スッピンからのメイク術がスゴイ! と話題になったくらいですしメイク動画も見たいという方がいると思います。

ぶるま たかまつななちゃんっていう、高学歴のお嬢様芸人がいるんですけど、彼女のYoutubeチャンネルでメイクをしたり、男性ユーチューバーにもメイクしたことがありましたけど、自分のチャンネルでは考えてもいなかったですね……。やりたいって思ったときにやらないとタイミングを見失っちゃいますよね…・・・はい、いつやるか何をやるかをきちんと決めてやろうと思います(笑)。

――東海地方のローカル番組でアニメの声優もされた経験があるとか。

ぶるま そうです! すごくいい経験をさせていただいたし、楽しかったです。声の仕事はまたやりたいです。大勢の先輩芸人の方々も声の仕事をしてるし、是非挑戦したいです!

――最後に……、恐縮ですが、なぞかけをお願いします! お題は「messy」!

ぶるま 芽吹きました~! 「messy」とかけまして「チンコ」と解きます。どちらも、気持ちがいいぐらい、裏側を攻めてくれるでしょう。

――いただきました!

information

紺野ぶるま 単独ライブ

「お願い…たまたまぶらぶらしていたことにして」

日程:2017年1月14日(土)・15日(日)の2日間

場所:松竹芸能 新宿角座

問い合わせ:03-3226-8081



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

チ○コなぞかけの達人・紺野ぶるま!「ハンガーとかけて、チ○コと解く。そのこころは?」インタビューのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!