[官能小説レビュー]

自意識過剰な男とのセックス後に読みたくなる、川端康成『眠れる美女』が描く老いらくの性

自意識過剰な男とのセックス後に読みたくなる、川端康成『眠れる美女』が描く老いらくの性

 これまで出会った男性の中で、自分を“大きな男”に見せようと、嘘の自分を装う人はいなかっただろうか。それは、セックスの場面で、非常に顕著に現れる。  男性にとってセックスは、いかに自分が優れた男であるかを示す行為でもあるがゆえに、女性が求めるものと相違が生じてしまう。例えば、今まで何人もの女性と体を重ね、ある程度自分のセックスに対して自信を持つ男性は、女性に対してマウントポジションを取ろうとする。その愛撫や体位が、女性にとって実はがっか...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

自意識過剰な男とのセックス後に読みたくなる、川端康成『眠れる美女』が描く老いらくの性のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 官能小説レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!