SMAP・木村拓哉“福山雅治化計画”への布石!? 明石家さんまが『さんタク』打ち切りをポロリ

 SMAPの木村拓哉が13年にわたり出演してきた正月恒例番組『さんタク』(フジテレビ系)が、来年以降は放送されないことが、明石家さんまの口から明らかになった。

 さんまは、3日放送の『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)に出演。年末年始の特番収録で「バタバタしている」というさんまは、「これでも、『さんま&SMAP』なくなって、『さんタク』なくなってのスケジュールなんです」と、次回の『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)と、『さんタク』の放送がないことをポロリ。共演者も「そうなんですか!?」と、びっくりした様子だった。

 これまで、SMAPの解散に否定的なスタンスを取ってきた木村。解散発表時のコメントで、「本当に無念」「呑み込むしかない」と悔しさをにじませたほか、ラジオ番組『木村拓哉のWHAT’S UP SMAP』(TOKYO FM)では、来年以降のタイトル変更について「必要ない」と発言するなど、メンバーでひとり“SMAPでなくなること”を拒否し続けているように見えた。

「『さんタク』が、フジやさんま側でなく、ジャニーズ側の判断で終わるのは明らか」(芸能記者)というが、SMAP時代から長年続けてきた『さんタク』を終わらせるというのは、木村個人の希望なのだろうか?

「木村くんは、福山雅治みたいになりたいんじゃないかな。もともと、木村くんは『自分はバラエティに向かない』という思いをずっと抱えていたから。来年からは俳優と歌手活動に専念して、自身の主演作の主題歌を歌うような、福山的な立ち居地を目指すんじゃないかと」(SMAPの古参ファン)
<!– Separator for PageBute –>
 一方で、さんまとの“共演NG”との見方も。

「さんまはこれまで、SMAPの一連の騒動について『報道の通りでほぼ間違いない』『来年以降、SMAPのタイトルが付いている番組はなくなる』など、出どころ不明な裏事情を好き勝手に話しすぎた。ジャニーズは、情報を統制できないことを一番嫌う事務所。今後、ジャニタレとさんまの共演は少なくなりそう」(前出の芸能記者)

 先月26日放送の『誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!』(日本テレビ系)では、“共演NGタレント”の話題で「番組は仕事。嫌でもプロとしてやるべき。それをSMAPに伝えたかった」と、SMAPの現状に苦言を呈したさんま。もしかしたら、『さんタク』を一方的に打ち切られ、内心むかついていたのかもしれない。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

SMAP・木村拓哉“福山雅治化計画”への布石!? 明石家さんまが『さんタク』打ち切りをポロリのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!