[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

和田アキ子、ウーマンラッシュアワー・村本……SMAP発言で物議・感謝される芸能人たち

2016smapall.jpg
SMAP発言でジャニへのスタンスも見えるよね

 11月に入り、SMAPの“解散撤回”を願うファンの声が、いよいよ本格的に広まっている。ファンにリクエストを募ったベストアルバム『SMAP 25 YEARS』(12月21日発売)の収録曲が発表され、1位に10年前のアルバム収録曲「STAY」が選ばれたことなどから、ワイドショーや情報番組などが再び「SMAP解散」に関する話題を特集。その中でSMAPについて言及した芸能人の発言が賛否両論を巻き起こしている。

 解散まで2カ月を切ったSMAP。解散に反対するファンの行動も活発化しており、11月1日には東京新聞などの個人投稿欄に「SMAPを守りたい!」「2017年もSMAP」といったメッセージが掲載され、ネット上で大きな話題に。同3日は『SMAP 25 YEARS』のファン投票で「僕らずっと共に歩こう 永遠なんて言わないからさ 5、60年それだけでいい」という歌詞が入っている「STAY」が1位になったことが発表され、この曲に選んだファンの願いがテレビなどでも取り上げられた。

 そんな中、さまざまな芸能人の見解が波紋を呼んでいる。先日はベストアルバムの投票結果について、情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系、3日放送)で小倉智昭キャスターが、「あまり期待は持たない方がいいかもわからないね。それがSMAPの気持ちなんだと思うから」と、解散撤回は厳しいとの意見を示してひんしゅくを買ったばかり。続いて、“芸能界のご意見番”として知られる歌手・和田アキ子も、その発言でSMAPファンを動揺させた。

 和田は6日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で同じく「STAY」にまつわる“ファンの願い”が紹介された際、「ファンの方の気持ちがこんなにニュースになるっていうのも(すごい)」と驚きつつ、「この度に各局、曲(が番組で)かかるのよ。ちょっとだけ私の(曲も)かけてもらわれへんかな」と冗談を交えてトーク。SMAPのメンバーについては「そっとしておいてあげたいような気もする。また、なんかこういうふうに話題になっちゃうと、また追いかけたりして」と心配する一幕もあったが、現役引退を表明している広島東洋カープの黒田博樹投手を引き合いに出し、「でも、“辞めてほしくない”というファンの気持ちと、“自分はもうこれでわかる”っていうのがあるから、ある意味……。もうそっと……違うのかな?」と、解散撤回を願うファンの動きに疑問を持っている口ぶりだった。

「和田は『もう(解散は)決まってるんじゃないんですか?』と言い放つなど、関心があまりない様子。SMAPファンからは『『もう決まってるのでは?』って、ファンのわずかな望みまでつぶしてる』『「アッコにおまかせ!」は残念だった。影響力ある人が「ほっといてあげればいいのに」なんて、見てて悲しくなった』『アッコさんは黒田選手の引退を引き合いに出してたけど、まったく別物。私達は5人の本当の気持ちがわからないから、納得できないんだよ』と、非難轟々でした」(ジャニーズに詳しい記者)

 一方で、SMAPファンに寄り添うようなコメントが注目を集める著名人も。1日、落語家の立川志らくが「解散は決まったから気持ち良く送り出そうという芸能界の流れだが、違う。まだ時間はある。解散を撤回したって怒る人はいない。ファンの為にも撤回すべきだ」などと、ツイート。コメンテーターとして出演している『ひるおび!』(同、4日放送)でも、SMAPメンバーが「おじいちゃんになるまでSMAP」とファンに宣言していたことを例に出した上で、「ファンも『おばあちゃんになるまで付き合う』って言ってるんだから、大どんでん返しがあってもいいんじゃないかなっていうね」「『頼むから、もう1回考え直してほしい』っていうのがファンの思いですよ」と、語っていた。

 SMAPに関する一連の発言を機に、立川に対して一部ネットユーザーからは「売名行為ではないか」との批判が飛んでしまったようだが、本人はTwitterで「私はSMAPの大ファンでもないし知り合いでもない。でも落語家とは世間の関心事に首を突っ込むのが仕事のひとつ。更にコメンテーターの仕事もしている」と主張し、「SMAPの件で私に何らかの圧力がとご心配の向きがありますが大丈夫。(中略)それに事務所批判はしていないしただ解散しなくてもいいのにと意見を述べただけ。人それぞれ意見はあります」と、自身の信念を曲げない姿勢を見せていた。

 さらにSMAPやファンを擁護し、株を上げたのはウーマンラッシュアワー・村本大輔。毒舌キャラが有名な村本だが、7日放送の『バイキング』(フジテレビ系)での発言がSMAPファンから称賛されている。村本は同番組のSMAP特集の中で、「ファンの方がこれぐらい熱いのに、結構ネットニュースとかであることないこと、今もう書き放題ですね」と前置きしながら、一部メディアが香取慎吾について「来年9月をもって芸能界を引退する」と報じた件を持ち出し、「あれもたぶん、そういうこと書いたら数字がとれるからって」「ファンの人が『そうなの?』って毎回、そういうのに振り回されて悲しんでるんですよ」とファンの気持ちを代弁した。

「このほかにも村本は、同局の軽部真一アナウンサーに関する“炎上事件”もチクリ。『めざましテレビ』(同、10月21日放送)の中で、来年1月期のドラマ『嘘の戦争』(同)で草なぎ剛が主演を務めるとのニュースを伝える時、軽部アナは『元SMAPとしての初仕事となります』とコメントし、ファンから批判が噴出しまいた。村本はこの一件も把握していたようで、『すっごい炎上したんですよ。「元SMAPっていう表現やめろ」って。小倉さんもそういう表現して。だから結構ね、フジテレビを嫌いなんですね、SMAPのファンの方は』と、ぶっちゃけたんです。さらに、存続を願って声を上げ続けているファンに対して、『もう解散するんだからしょうがないだろう』となだめるのは『可哀想な気がする』とも発言したことから、。SMAPファンの間では『村本さんぶっこんでくれてありがとう』『村本さん、フジの生番組でよくぞ言ってくれた』などと、好感度が急上昇しています」(同)

 グループ存続を願うファンからすれば、名のある人々のバックアップは何より心強いだろう。今後もこうしてSMAPやファンを応援する著名人が増えることを願いたい。

報道当初の怒りと驚きを忘れちゃダメだ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク