新しい朝の顔に?

『ZIP!』司会の川島海荷、「再ブレークある」と大絶賛! 降板の北乃きいは「女優業に暗雲」?

1610_kawashima_1.jpg
『川島海荷 2017年 カレンダー 壁掛け B2 CL-231』(トライエックス)

 前任の北乃きいに代わって、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の新司会に起用された川島海荷。川島は3日に同番組へ初登場したが、落ち着いた司会ぶりが視聴者から好評で、「再ブレークのチャンスかも」と注目を集めている。

 司会デビューした川島は、緊張した姿を見せつつも番組をやり遂げ、放送後Twitterに「初日、無事おわりました 緊張しすぎて、一気に肩こりました。明日からまだまだ頑張ります」と投稿。ネット上では、一部で「女優業に専念するんじゃなかったっけ?」といった声が上がったものの、「初日とは思えない対応ぶりだった!」「緊張してるみたいだったけど、スタジオに馴染んでたね」と好評の声が飛び交った。

「川島は昨今、女優業が行き詰まっていたので、いいチャンスと捉える人も多いです。同じ事務所所属で、現在独立騒動で揉めている後輩の“のん”こと能年玲奈が、2013年に『あまちゃん』(NHK)で川島を差し置いて大ブレークして以来、ずっと彼女は失速したまま。6~7月に、連続ドラマ『朝が来る』(フジテレビ系)に出演していましたが、そこで披露した金髪姿も大不評でした。それだけに、川島自身も『ZIP!』司会に並々ならぬ意欲を持って臨んでいるはずです」(芸能誌関係者)

その一方、『ZIP!』の司会を降板した北乃の先行きは不安視されているようだ。

「北乃は13年のドラマ『天使はモップを持って』(NHK BSプレミアム)以来主演はなく、単発ドラマに数回出た程度。映画も、14年に『僕は友達が少ない』で主演してから、1本しか出演していません。『ZIP!』卒業後は女優業に専念するつもりのようですが、ブランクも長く、以前のように主演をこなせるのかどうかは疑問です。『ZIP!』は今年、放送開始以来5年目にして初めて、同時間帯の月間平均視聴率トップを達成したこともあり、『降板しない方がよかったんじゃ……』『女優として需要あるの?』といった声も上がっています」(同)

 川島にとっては、“朝の顔”としての仕事が活路を開くきっかけとなるかもしれないが、北乃の今後は果たして……。

視聴率好調なのに降板って闇が深くない?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『ZIP!』司会の川島海荷、「再ブレークある」と大絶賛! 降板の北乃きいは「女優業に暗雲」?のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 女優・芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 愛子さまの“激やせ”写真の波紋
  2. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  3. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  4. 小野賢章、天狗発言で悪評噴出!?
  5. 親の七光りだと思う若手二世タレント
  6. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  7. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  8. 『べっぴんさん』最恐キャラ登場
  9. 月9視聴率5%招いた3つの要因
  10. 堀北真希、引退劇の唯一の汚点
  11. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  12. 堀北真希“引退会見”を拒否してた!?
  13. 藤ヶ谷、4月期フジ日9ドラマ出演
  14. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  15. 櫻井ファンを疑心暗鬼にさせた、小川アナの1枚の写真
  16. テレ朝を剛力彩芽が起用し続けるワケ
  17. アカデミー賞でもジミーVSマットは健在
  18. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは

ジャニーズの人気記事

  1. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  2. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  3. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  4. 藤ヶ谷、4月期フジ日9ドラマ出演
  5. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 東村『ヒモザイル』炎上3つの理由
  5. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る

海外ゴシップの人気記事

  1. アカデミー賞でもジミーVSマットは健在
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  4. マザコン? 奇声? 伝説に残るアカデミー賞スピーチ
  5. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!